グリーン水素の市場規模、2030年に605億6000万米ドル達成予測

グリーン水素の市場規模は、2022年からCAGR39.5%で成長し、2030年には605億6000万米ドルに達すると予測されています。化石燃料経済に対する環境に優しい代替案として注目されている水素経済は、政府投資や補助金が増加しており、今後の同市場の需要を強化する可能性があります。

市場は、さまざまな最終用途産業における再生可能エネルギー源の普及によって牽引されています。グリーン水素は、風力エネルギー、太陽光エネルギーなどの再生可能な発電源で、水の電気分解によって製造されます。さらに、再生可能エネルギーの規模が拡大することで、クリーンな発電のコストが低下し、2030年までの市場成長にプラスの影響を与えることが推測されます。

アルカリ性電解槽は、グリーン水素プロジェクトで使用される従来の電解槽技術であることから、2021年の市場シェアは66.18%でした。アルカリ電解槽は、電解質として水酸化カリウムまたは水酸化ナトリウムのアルカリ性液体溶液を使用し、PEM電解槽よりも稼働時間が長いのが特徴です。しかし、今後はPEM型電解槽がアルカリ型電解槽よりも高い成長率を示すと予想されます。

用途別に、運輸部門が最大で、2021年のグリーン水素市場の約40.61%を占めました。輸送産業が化石燃料から太陽エネルギーやグリーン水素などの再生可能エネルギーにシフトしていることが、今後、同セグメントの需要を押し上げると予想されます。また、発電分野は、グリーン水素の製造コストの削減により、安定したペースで成長することが期待されています。

流通経路におけるパイプライン部門は、2021年に市場の63.11%を占めています。パイプラインは、長距離で大量に輸送するための最も経済的な方法です。貨物セグメントは、グリーン水素の需要増により、2022年~2030年の間CAGR40.9%で成長すると予想されます。

米国とカナダが、クリーンエネルギー政策の実施において業界をリードしており、北米市場は、顕著な成長率を達成することが予想されます。米国では、カリフォルニア州が市場シェアの大半を占めており、2040年までにガスまたはディーゼルエンジン駆動の公共バスを廃止するなどの積極的な脱炭化水素目標が市場成長を牽引しています。

業界の主要企業は、電解槽ユニットの高コスト削減のための技術革新に注力しており、グリーン水素製造の商業化を後押ししています。さらに、市場参加者は、今後数年間、市場での足場を強化するために、合弁事業、パートナーシップ、M&Aなど、戦略的イニシアチブを実践することに重点を置いています。

水素市場において未開拓な国々は、今後数年間に業界の展望を強化することが期待されます。2019年10月、Siemensは、オーストラリアにおける5GWの風力・太陽光複合エネルギープロジェクトに関する技術提携を発表しました。同社は、再生可能エネルギーによる電気分解でグリーン水素を生成するための電解槽技術を提供する見込みです。製造されたクリーンな水素は、アジア市場に輸出される予定です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]