ストレッチフィルムとシュリンクフィルムの市場規模、2030年に252億米ドル到達予測

ストレッチフィルムとシュリンクフィルムの市場規模は、2022年からCAGR5.4%で成長し、2030年には252億米ドルに達すると予測されています。産業用パッケージング向けの軽量素材に対する需要の高まりが、同製品の成長を促進することが予想されます。直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)、拡張ポリエチレン(EPE)、高密度ポリエチレン(HDPE)などの優れたシュリンクおよびストレッチフィルム材料の導入により、フィルムのパレット保持能力がさらに強化されると予想されます。

また、フィルムの廃棄問題への対策として、大手メーカーが生分解性のストレッチフィルムやシュリンクフィルムを開発していることが、今後、同市場の需要を後押しするものと思われます。また、フィルムの印刷適性の向上、塗布の容易さ、パッケージの堅牢な密封性など、優れた特性も需要を後押しするものと思われます。製品の軽量化は輸送コストの大幅な低減につながり利益率が向上するため、主要な最終用途産業ではこのような包装材料の採用が進んでいます。

プラスチック包装材は価格が手ごろで、堅牢なバリア性を備えているため、食品・飲料産業で広く浸透しています。プラスチック製品の製造に対する政府の介入が増える中、ストレッチフィルムやシュリンクフィルムの包装市場で事業を行うメーカーは、環境に優しく持続可能な原材料を使用した製品を提供するよう努力しています。アジア太平洋地域では、パッケージ食品、消費財、医薬品の大手企業が存在感を増しており、流通チャネルが浸透していることが、ストレッチフィルムおよびシュリンクフィルムの高い市場シェアに寄与しています。また、インド、中国、インドネシアなどでは電子商取引も盛んであり、市場成長に貢献するものと思われます。

ストレッチフィルムとシュリンクフィルムの市場ハイライト

LLDPEセグメントは、2022年から2028年にかけて5.7%のCAGRを記録すると予想されています。LLDPEの需要は、優れたパレット単位化特性と製品輸送時の耐損傷性の向上が要因となっています。

ストレッチフィルムおよびシュリンクフィルムのフードは、2030年まで最も高い成長を記録すると予想されます。この成長は、産業用パッケージングや消費財パッケージングにおけるフードの需要増に牽引されています。また、ストレッチおよびシュリンクフィルムフードによって実現される包装の容易さは、今後の製品需要を促進することが予想されます。

食品・飲料分野は、高強度・低重量の包装材料の需要が増し、2021年の売上高シェアは40.6%となりました。また、包装材料の滅菌が容易であることが、食品包装用ストレッチフィルムの需要をさらに押し上げると思われます。

スリーブ・ラベル分野は、飲料業界における製品需要の増加により、堅調な成長が見込まれています。また、ボトルへのラベルの貼り付けが容易なため、製品のマーケティングやブランディングが容易になり、大手飲料メーカーの関心を集めると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]