導電性インクの市場規模、2030年に49億1380万米ドル到達予測

導電性インクの市場規模は、2022年からCAGR6.0%で成長し、2030年には49億1380万米ドルに達すると予測されています。効率化と小型化への要求の高まりや新興アプリケーションの存在が市場の成長を促進しています。多様な産業で幅広い用途を持つ製品を開発するための研究開発イニシアティブは、市場発展のための十分な機会を提供します。

小型化、エネルギー効率の向上、耐久性といった特性に対する需要により、導電性インクが従来のワイヤー回路の代替品として使用されるようになり、市場全体の成長にとって有益に働いています。銅、ニッケル、グラフェンなど、銀と同様の特性を持つ費用対効果の高い原材料を開発するための研究イニシアティブは、近い将来、市場の成長をさらに押し上げることが予測されます。研究イニシアティブは、政府と業界関係者の両方によって実施され、複数の潜在的なアプリケーションを増加させ、世界市場の成長を補完すると予測されます。

市場は、製品、用途、地域別に分類されています。導電性インクの主要製品には、導電性銀インク、導電性銅インク、導電性ポリマー、カーボンナノチューブインク、誘電体インク、カーボン/グラフェンインクが挙げられます。導電性インクの主な用途としては、太陽光発電、メンブレンスイッチ、ディスプレイ、自動車、スマートパッケージング、バイオセンサー、プリント基板などがあり、太陽光発電用途が圧倒的なシェアを占めています。

地域別に、市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカに分類されます。近年では、アジア太平洋地域が最大シェアを占めています。中産階級の拡大、可処分所得の増加、教育、人口動態の変化、急速な都市化などのマクロ経済的要因が、同地域の市場を牽引しています。同地域では、家電製品における導電性インクの需要が高く、同地域における主要企業の存在感が高まっていることも、市場全体の成長を後押ししていると思われます。中国、東南アジア、インドなどの経済圏が、同地域の市場をリードすると予測されています。

導電性インク市場ハイライト

アジア太平洋地域が市場を支配し、2022年~2030年の間CAGR 6.3%で最速の売上を記録すると思われます。

製品別に、導電性銀インクが、2021年の最大シェアを占め、2060年まで市場を支配すると予測されます。

用途別に、太陽光発電は2021年に21.0%の収益シェアで市場最大となり、今後も市場を支配すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]