末期腎不全の市場規模、2030年に2616億4000万米ドル到達予測

末期腎不全(ESRD)の市場規模は、2022年からCAGR12.9%で成長し、2030年には2616億4000万米ドルに達すると予測されています。腎不全患者の増加、病院や緊急医療センターの急増、入院率の上昇などが、市場成長の推進要因として挙げられます。慢性腎臓病(CKD)は、患者の腎不全率を上昇させる主な要因です。CDCによると、米国では3,700万人以上がCKDに苦しんでおり、世界では5億人以上(世界人口の12~18%)が罹患しているとされています。その結果、透析や腎臓移植の需要が高まっています。COVID-19の流行は医療業界にも影響を与えました。ESRDを患う人々は、透析のために頻繁に病院を訪れる必要があるため、このウイルスに感染するリスクが高まります。センターベースの血液透析は、多くの国で主な腎代替手段となっており、ESRD患者の90%が選択しています。血液透析患者は最低でも週に3回、4時間病院に滞在しなければならず、医療スタッフや他の患者と頻繁に接触することになります。これらの要因が感染症のリスクを高めています。腎不全の治療における技術的進歩も、ESRDの市場成長を加速させる要因のひとつです。例えば、装着型人工腎臓(WAK)技術の革新は、血圧を制御し、血液中の老廃物を除去し、ESRDまたはCKD患者の負担を軽減することで、患者がより健康的な生活を送れるように設計された携帯型透析装置で、死亡率を低下させ、患者のQOLを向上させる可能性があります。革新的な企業が設計し特許を取得したWAKのプロトタイプは、2016年に米国FDAからヒト臨床試験の承認を得ています。

末期腎不全市場ハイライト

2021年の末期腎不全市場は、使いやすさと緊急時の利便性から、透析療法が主流になりました。

透析療法セグメントはさらに、腹膜透析、血液透析、ウェアラブル人工腎臓に細分化されます。

地域別に、アジア太平洋地域は、2021年に最高売上シェアを獲得し、2030年にかけて最速のCAGRで拡大すると予想されています。

これは、CKD/ESRD患者が多いことと、高血圧や糖尿病の発生率の高さに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]