ハンドバッグの市場規模、2030年に817億9000万米ドル到達予測

ハンドバッグの市場規模は、2022年からCAGR5.8%で成長し、2030年には817億9000万米ドルに達すると予測されています。同市場は主に、急速な都市化とファッションアクセサリー産業の成長によって牽引されています。さらに、ハンドバッグの需要は、先進国および発展途上国の両方における女性の労働力の増加によって押し上げられています。ハンドバッグの入手のしやすさ、知名度、魅力が、その幅広い認知度と好調な業績を後押ししています。メッシュ、レザー、ナイロン、ストロー、キャンバス、ヴィーガンレザー、ジュートなど、様々な素材から作られるハンドバッグは、日々の生活の中で様々な目的のために使用されています。

たとえば、通常人は、買い物にキャンバスのハンドバッグを好みます。 企業で働く人は革製のバッグを好み、パーティーや夜の外出では、クラッチやリストレットのハンドバッグを選ぶ傾向があります。トートバッグは、様々な用途に使用することができるマルチユーティリティバッグです。また、他のハンドバッグに比べて大きく、そのサイズと素材は、消費者に人気があります。持続可能性に対する問題からも、トートバッグの需要が高まっています。 2021年、イギリスを拠点とするファッションデザイナーのAnya Hindmarchは、英国のSainsbury’sおよびWaitroseスーパーマーケットチェーンと協力して、買い物袋を再利用することで、持続可能性の課題に取り組みました。さらに、2020年には、ディズニーストアが使い捨てプラスチックバッグの使用をやめ、消費者が購入できるトートバッグの提供を開始しました。

販売チャネル別に、市場は、2022年~2030年の間、オンラインセグメントが最高のCAGRで成長すると予想されます。オンライン分野は、eコマースとソーシャルメディアチャネルの人気の高まりにより、堅調な成長を示すと予想されます。サービスのデジタル化により、若年層はオンラインショッピングをますます好むようになっています。市場で事業を展開する企業は、より多くの消費者に対応するために、顧客データベースやデジタルストアの改善を続けています。市場は競争が激しく、多国籍製造企業によって支配されています。大規模な消費者基盤、強力なブランド認知、広大な流通網を持つ上位企業を中心として、市場は激しい競争にさらされています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]