ポリエチレンテレフタレート添加剤の市場規模、2030年に21億3000万米ドル到達予測

ポリエチレンテレフタレート添加剤の市場規模は、2022年からCAGR5.8%で成長し、2030年には21億3000万米ドルに達すると予測されています。同市場は、包装、医療、自動車産業における用途範囲の拡大により成長が予測されており、ポリエチレンテレフタレート(PET)添加剤は、耐薬品性と飛散防止性を高めるため、包装業界全体で広く使用されています。着色プラスチックの需要は、包装業界の成長に牽引され、急速に増加しています。包装業界は、食品、工業、小売、消費者、医療用包装などのサブセグメントの統合的な発展により、大きな成長を遂げています。

消費者のライフスタイルの変化により、RTE(Ready-to-Eat)食品への需要が高まっています。世界各国の政府は、循環型経済への移行として、使い捨てのプラスチック製品にリサイクルプラスチック材料を使用することを奨励しています。欧州連合(EU)では、PETのリサイクル工程を明確に設計した規則(EC)No 282/2008がすでに施行されています。しかし、現行の規則にはいくつかの欠点があるため、EUはPETボトルのリサイクル需要を促進し、PET用連鎖延長添加剤の成長機会を創出できるよう、新しい規則を起草しています。リサイクルされたPETは、リサイクル材が多く含まれるため、しばしば黄褐色の色味を示します。

この黄変は、消費者のリサイクルPETボトルを購入する意欲を失わせます。蛍光増白剤は黄変を抑え、HBAなど食品、調味料、飲料のパッケージング会社がパッケージの色を補正して、透明感を出すのに役立っています。紫外線(UV)バリアーは、2021年に機能セグメントの中で最大の市場シェアを占めました。包装材を通過する光は、感光性製品の酸化反応を触媒し、保存期間を短縮する可能性があります。また、光は様々な化学物質の生成を通じて食品中の栄養素を分解し、変色やオフフレーバーを引き起こします。

食品の品質劣化を防ぎ、保存性を維持するために、紫外線バリアーの需要が高まることが予想されます。LyondellBasell Industries Holdings B.V.、Avient Corp.、Sukano AGなど複数のグローバル企業の存在が、市場競争の引き金になると思われます。市場参加者にとって、価格設定は持続可能性を実現するための鍵であり、よりコスト効率の良いPET添加剤を開発するため、研究開発活動が行われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]