使い捨てスリッパの市場規模、2030年に29億米ドル到達予測

使い捨てスリッパの市場規模は、2022年からCAGR4.9%で成長し、2030年には29億米ドルに達すると予想されています。使い捨てスリッパは近年、消費者間でますます人気が高まっており、この傾向は今後も続くと思われます。健康や衛生に関する意識の高まりが、使い捨てスリッパを含む使い捨て製品の需要を促進しています。

欧州、アジア太平洋地域、北米の国々の消費者は、衛生・安全製品により多く支出しています。2021年7月、KHADI Indiaは、100%環境に優しくコストパフォーマンスの高い素材を使用して開発された使い捨てスリッパを発売しました。2020年のCOVID-19の流行時には、輸送やサプライチェーンに支障が生じましたが、使い捨て製品の需要は高まりました。

中国をはじめとする東アジアでのCOVID-19感染症の再流行により、フットウェアの製造活動が妨げられました。一方、輸入国、特に米国とカナダからの需要は堅調に推移しています。リサイクルおよび持続可能な使い捨てスリッパの利用が増加しており、多くの主要企業が安全性に考慮した環境に優しい使い捨てスリッパを発売しています。例えば、2020年10月には、英国に本社を置くBC SoftWear社が、100%生分解性でリサイクル可能な天然ココナッツ繊維のスリッパを発売しています。

使い捨てスリッパ市場のハイライト

素材別に、市場は、柔らかく快適であることから、2021年はテリー生地分野が最大売上シェアを占めました。Boca TerryやSerrentiSGmBHなど、多くの主要市場プレイヤーが、テリー、ワッフル、その他のタイプの使い捨てスリッパを提供しています。Boca Terryは、マイクロテリー、マイクロファイバー、テリー生地で利用可能な使い捨てスリッパを提供しています。

用途別に、市場は、ホテル、スパ・ウェルネスセンター、病院、住宅に分類されます。バスルームやプールなどの湿った場所でもクッション性とグリップ力を発揮するEVA素材が一般的であることから、2021年はホテルセグメントが市場を席巻しました。

流通チャネル別に、市場は、卸売、小売店、オンラインチャネルに分類されます。消費者は可処分所得のかなりの部分をインターネットでの購入に費やしており、これが一般化しつつあります。

2021年の市場は、アジア太平洋地域が、主要な業界プレイヤーの存在により、優位を占めました。この地域には、Haon GroupやStitch India Products Company Ltd.を含む多くの主要プレイヤーやホテルアメニティサプライヤーが存在します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]