ガンマナイフの市場規模、2030年に6億2640万米ドル到達予測

ガンマナイフの市場規模は、2022年からCAGR5.0%で成長し、2030年には6億2640万米ドルに達すると予測されています。癌、脳腫瘍、その他の神経疾患の有病率の増加、手術センターにおけるこれらの機器の採用の増加、低侵襲手術(MIS)への嗜好の高まり、機器の技術的進歩などの要因が、同市場を牽引しています。

ガンマナイフ療法は、脳腫瘍、脳転移、てんかん、動静脈奇形など、さまざまな脳・神経疾患の治療に使用されています。安全性、微細な精度、術後合併症の少なさ、切開の少なさなど、さまざまな利点から、手術センターでの需要が拡大しています。

技術の進歩により、手術の精度は向上しています。例えば、Leksell Gamma KnifeのモデルU、B、C/4C、PerfexionがIconにアップグレードされたことにより、手術における微小精度が向上し、手術センターでのこのデバイスの採用が促進されました。Elekta ABが発表した報告書によると、毎年約7万人の患者がガンマナイフ手術を受けています。この数は、対象疾患の有病率の上昇とMISへの嗜好の高まりにより、今後も増加することが予想されます。

また、開腹手術よりもMIS手術の需要が高まっていることも、この治療法の採用を増加させる要因となっています。ガンマナイフ治療法は、開腹手術に比べて外傷が少なく、回復が早いのが特徴です。また、入院期間も短縮されるため、経済性にも優れ、医療費削減にもつながります。切開や術後の合併症がないことが、低侵襲手術の需要を高める主な要因となっています。

ガンマナイフ市場のハイライト

2021年、悪性腫瘍が最大の適応セグメントとして浮上しました。機能障害セグメントは今後、最も速い成長を遂げることが予想されます。

がんの発生率の上昇、医療インフラの発展、主要新興国での急速な経済発展により、アジア太平洋地域が2021年に最大の収益シェアを占めました。

ガンマナイフは特許製品であるため、Elekta ABが同市場で事業を展開している唯一の企業です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]