金属加工油剤の市場規模、2030年に1,510万米ドル到達予想

金属加工油剤の市場規模は、2022年からCAGR3.8%で成長し、2030年には1,510万米ドルに達すると予想されています。これは、自動車や産業機械の需要増に起因しています。機械、金属加工、輸送機器など、最終使用産業の成長が市場の拡大を促進しています。製造業は、北米や欧州の基幹産業の一つです。高度な最終用途製品の製造法の進歩と、建設機械や電力・農業・自動車関連機器の輸出の増加が、市場の成長を促進しています。官民連携の高まりにより、製造時に金属加工油剤を使用する建設用部品の需要が高まると予想されます。新興国は、建設が盛んなことから、製品の成長に欠かせない存在になることが予測できます。電力需要の増加と、発電・送電・配電のための既存インフラのアップグレードにより、電気・電力機器と関連部品の市場の活性化が期待されています。これらの部品は鉄や非鉄金属部品を使用しており、製造時に金属加工油剤が消費されます。

金属加工油剤市場のハイライト

鉱物系金属加工油剤は、低コストによる消費の増加により、2021年の売上高シェアは48.1%になりました。

水切断油の用途は、穴あけ、フライス削りなどのプロセスにおける熱放散の必要性から、今後も最速のCAGRで成長すると予測されます。

2021年は、建設機械の高い需要とインフラ開発活動の増加により、機械セグメントが市場を支配しました。

自動車産業は、自動車機械の高い需要により、今後、高いCAGRを記録することが予想されます。

新興国における建設機械および電気・電力機器分野の成長は、製品需要の原動力になると予想されます。

合成および鉱物ベースの製品は、工具の性能向上に役立つため、高い需要が見込まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]