非代替性トークン(NFT)の市場規模、2030年に2,117億2,000万米ドル到達予測

非代替性トークン(NFT)の市場規模は、2022年からCAGR33.9%で成長し、2030年には2,117億2,000万米ドルに達すると予測されています。世界的にデジタルアートの需要が高まっていることが、NFT(non-fungible token)市場の成長を促す要因となっています。デジタルアートとは、デジタル技術を使用して展示または作成された芸術と定義されます。

また、世界的に暗号通貨の利用が拡大していることも、市場の成長を後押ししています。これは、暗号通貨がデジタル資産の購入に使用されているためです。CoinMarketCapによると、2022年2月現在、暗号通貨の世界総資本は1兆7,600億米ドルに達し、世界第8位の経済規模に相当します。

また、NFT企業による資金調達も、市場成長を後押しする大きな要因となっています。例えば、2022年3月、NFTマーケットプレイスのマジックエデンは、シリーズAラウンドで2,700万米ドルを調達しました。このラウンドはParadigmが主導し、Solana VenturesとSequoiaからの助成金も含まれています。同社はこの資金をサービスや製品の拡大に充てる予定です。

COVID-19パンデミックは、2022年~2030年の間、市場にプラスの影響を与えると予想されます。パンデミック時に課された制限により、人々は家に閉じこもり、収入も制限されました。その結果、Axie GameなどのNFTベースのゲームプラットフォームは、人々が収入を得る手段として人気が高まりました。

非代替性トークン市場のハイライト

タイプ別に、2021年はデジタルアセットセグメントが市場を支配しました。アートNFTは、アーティストがすべての作品取引を追跡することを可能にするため、需要が高まっています。この取引の追跡により、アーティストはデジタルアートのすべての取引で、永久ロイヤルティペイバック特典を利用することができるようになりました。

用途別に、2021年はコレクターズセグメントが市場を支配しました。このセグメントの成長は、芸術、スポーツ、ゲームなどの分野でコレクティブルの需要が増加していることに起因しています。

エンドユース別に、商業セグメントが最速で成長すると予想されます。様々なアプリケーション領域でより良い取引を実現するために、企業の間でNFTの需要が高まっています。

地域別に、米国やカナダなどの北米諸国では、暗号通貨の利用が拡大しており、地域全体で市場成長の新たな機会が生まれることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]