医療業界向け不正分析の市場規模、2030年に112億米ドル到達予測

医療業界向け不正分析の市場規模は、2022年からCAGR24.3%で成長し、2030年には112億米ドルに達すると予測されています。医療分野における不正行為の発生率の上昇、健康保険を求める患者の増加、投資に対する高い利益率、薬局の請求に関連する不正行為などが、市場成長を推進する要因となっています。

COVID-19パンデミックは、ヘルスケア業界に劇的な影響を与えています。医療業界では、医師、患者、その他の医療専門家の間でさまざまな不正行為が目撃されています。多くの医療専門家や医療従事者が、利益を得るため不正行為への関与が確認されており、パンデミックの間も、その増加が多く見受けられました。

保険会社による不正検知用ソフトウェアの採用は、先進地域で利用可能性が高まっています。例えば、2022年2月、カナダ生命保険協会(CLHIA)は、請求データをプールし、給付金詐欺の調査と検出を強化する高度な人工知能ツールを使用した業界イニシアティブを開始しました。

さらに、2021年6月、ArtivaticはAlfred- AI Health Claimsプラットフォームを発表しました。このプラットフォームは、エンドツーエンドの健康保険請求を自動化し、不正使用や詐欺検出能力を増強させました。同時に、ユーザーが自己学習することで、意思決定、リスク評価、不正検出のためのシステムを開発することが可能になりました。このようなソフトウェアは、医療費が増加したことで、市場の需要に対応した製品やサービスへの需要が増えた事がきっかけとなり普及しました。

医療分野における不正行為の発生率が上昇しています。例えば、国立医学図書館が発表したデータによると、不正行為カウントは2019年の30から2021年には52に引き上げられました。医療業界向け不正分析市場は競争が激しく、複数の大手企業で構成されています。医療ITソリューションの導入が進み、不正行為の件数が増加していることから、今後数年間は小規模または民間プレーヤーの市場参入が進むと思われます。

市場プレーヤーによる現地プレーヤーとの協業や提携、買収、新製品の発売などの取り組みは、市場の成長に寄与しています。例えば、2019年4月、HCL Technologies Limitedは、米国テキサス州にCyberSecurity Fusion Centerを立ち上げ、CyberSecurity Centerで米国での事業を拡大しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]