射出成形プラスチックの市場規模、2030年に4,237億米ドル到達予測

射出成形プラスチックの市場規模は、2022年からCAGR4.2%で成長し、2030年には4,237億米ドルに達すると予測されています。自動車、包装、建設などの主要用途における、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ(BRICS)諸国を中心とした需要の増加が、同市場の成長の原動力となっています。中東やアジア太平洋などの高成長地域では、ここ数年生産能力が急増しています。中国では、製造コストの低さと熟練労働者の豊富さから、プラスチック射出成形企業が多数進出しており、中国市場に利益をもたらすと考えられます。

プラスチック製品の需要増加を受け、大手外資系企業が同地域で生産能力を高めています。包装用途では、高密度ポリエチレン(HDPE)が薄肉射出成形に広く使用されており、食品、ビンライナー、物入れ袋の需要の高まりは、同セグメントの成長をさらに促進しています。射出成形されたHDPE(高密度ポリエチレン)は、輸送用コンテナ、工業用ペール缶、家庭用品などに浸透しつつあり、今後の需要をさらに押し上げると思われます。

COVID-19の流行は、生産設備の停止や減速により、市場に参入している企業の収益に影響を及ぼしています。そのため、各社はパンデミック対策として、リソースや生産能力の強化に注力しています。例えば、米国を拠点とし、漁業や医療産業向けのプラスチック製品を製造する射出成形金型製造会社であるG&C products社は、フェイスシールドやフェイスマスクなどの個人防護具(PPE)の生産を開始しました。

射出成型プラスチック市場のハイライト。

地域別に、アジア太平洋市場のパッケージング産業から高い需要が見込まれています。エレクトロニクス産業の成長と電化製品の費用対効果の高さが、今後8年間にわたり重要な推進要因になると予測されます。

2022年から2030年にかけて、北米の医療分野からの需要が高まると予測されます。一方、フランスでは、パッケージングが主要用途であり、2030年にかけて急速なCAGRで拡大することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]