ジェノタイピングの市場規模、2030年に465億米ドル到達予測

ジェノタイピングの市場規模は、2022年からCAGR15.6%で成長し、2030年には465億米ドルに達すると予測されています。遺伝性疾患の有病率の上昇、個別化医療に対する認識と研究の高まり、ゲノミクス研究のための研究開発資金の増加などが、同市場の成長を押し上げています。

各国政府は、個別化医療のための研究機関への支援や資金提供のための取り組みを行っており、その研究はジェノタイピング市場を牽引すると予測されます。例えば、2019年8月、NIHは、精密医療の取り組みと開発のために、医療技術企業であるColorに460万米ドルの初期補助金を提供しました。同様に、2018年には、オーストラリア政府が「Australian Genomics Health Futures Mission」構想を立ち上げました。政府はこのミッションのために10年間で5億米ドルを提供し、その資金はMedical Research Future Fundから調達され、遺伝性疾患の検査・診断の改善や個別化医療の開発のために使用されます。

がん、アルツハイマー病、パーキンソン病などの疾患の有病率の増加も、ジェノタイピングに基づく診断検査の需要を促進する要因の一つです。例えば、Roche社は子宮頸がん診断用のCobas HCV GT製品などを有しています。また、23&Meは、パーキンソン病やアルツハイマー病などの病状に対する遺伝子検査を提供しています。

臨床試験の失敗は何百万米ドルもの損失を与えるため、企業は患者を遺伝子型によってグループ分けしています。一塩基多型(SNP)ベースのジェノタイピングは、治療薬による反応の違いに対する遺伝子変異の影響を研究するために、ファーマコゲノミクスで使用されるようになりました。ジェノタイピングに基づく治療管理は、全体的なコスト削減にも役立ちます。

COVID-19の大流行により、COVID診断薬、ワクチン、治療薬開発のためのジェノタイピングベースの研究活動の需要が高まりました。QiagenやThermo Fisher Scientificなど多くの企業が、需要の高まりを受けてCOVID-19ジェノタイピングキットの発売を始めました。

主要企業は、戦略的パートナーシップと新製品の発売を活用して、製品の提供数を増やしています。例えば、2020年1月、IlluminaとRocheは、アッセイ開発による腫瘍ゲノム検査への患者アクセスの向上を目的とした提携を行いました。同様に、2021年6月には、Center for Aquaculture TechnologiesがNeogen Corporationと協業し、養殖生産者の特定の需要に合わせた高品質のジェノタイピングサービスを提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]