建築用接着剤の市場規模、2030年に153億4,000万米ドル到達予測

建築用接着剤の市場規模は、2022年からCAGR5.3%で成長し、2030年には153億4,000万米ドルに達すると予測されています。COVID-19の出現は、2020年に世界中の建設業界の活動を低迷させ、その影響は、2022年まで継続しています。

建設業は、世界のGDPの13%近いシェアを占めています。この業界の低迷は材料需要に影響し、それによって世界市場の成長を低下させます。2020年前半の建設現場の多くは、運営やサプライチェーンに関連する数多くの課題に直面しました。その後、2021年に市場は回復に向かいました。インフラプロジェクトに対する建設支出は、公共投資と民間投資により、2022年に増加する可能性が高まっています。

持続可能な建設とインフラプロジェクトへの注力は、今後数年間の市場成長を支援すると思われます。政府は、炭素削減目標を奨励することで、経済に刺激を与えています。こうしたインセンティブは、直接的な公的資金や政策の変更という形でもたらされる可能性もあります。企業は、より健康的なライフスタイルを促進する持続可能な建物やコミュニティを期待しており、建設用接着剤の需要は促進されることが予想されます。

デジタル化と新技術の採用も重要な要素であり、長期的には建築・建設部門と関連資材の需要に弾みをつけると思われます。請負業者は、デジタルモデルを使用して、プロジェクトのさまざまな段階で遠隔コラボレーションを使用する可能性があります。接着剤やその他の建築資材の販売業者は、物理的なやりとりを最小限に抑えることに注力しており、特に、販売チームがデジタルツールを使って顧客や注文を処理できるeコマースサイトに力を入れています。

建設やインフラプロジェクトへの投資は、長期的に市場の成長を促進すると予想されます。例えば、2021年、インド政府は、通信、商業インフラ、エネルギー、水・衛生などへのインフラ投資を、5年間で倍増させる計画を持っています。また、National Infrastructure Pipelineによると、国内には1,500万米ドル相当のプロジェクトが6,800以上確認されています。スマートシティにおける空港開発やPradhan Mantri Sadak Yojna Projectなどのプロジェクトは、市場参加者に新たな機会を提供するものと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]