フェムテックの市場規模、2030年に131億米ドル到達予測

フェムテックの市場規模は、2022年からCAGR11.1%で成長し、2030年には131億米ドルに達すると予測されています。女性の健康問題の増加や健康意識の高まりが、市場の成長を後押ししています。

この業界は生殖に関する健康問題に限らず、妊娠モニタリング、骨盤ケア、子宮頸がん、メンタルヘルス、一般的な健康状態、乳がんなど、多様な健康問題に広がりを見せています。主要な参加企業は、この機会を活用し、女性向けヘルスケアのニーズの高まりに対応するソリューションを開発しています。

消費者によるスマートフォンの普及が進んでいることが、市場における女性向け健康アプリケーションの成長を後押ししています。さらに、ネットワークインフラの継続的な改善とネットワーク範囲の拡大が、フェムテック・サービスの需要を押し上げています。モバイルネットワーク事業者は、スマートフォンの普及と健康問題に対する意識の高まりにより、女性の健康技術分野を投資機会として捉えています。

さらに、月経追跡、妊娠管理、不妊管理など、従来の女性の健康問題に対応するさまざまなデジタルアプリケーションの規制環境や認可の増加が、市場成長に直接貢献すると思われます。2021年には、女性ユーザーの健康意識と認識の高まり、女性の健康問題の蔓延、価値に基づくケアサービスの採用拡大、予測分析、ゲーミフィケーション、クラウド同期、バッテリー寿命の延長などの先進機能の統合により、ウェアラブルセグメントが優勢となりました。ウェアラブルデバイスから生成されるデータは、女性の健康状態をより詳細に把握するために使用され、ユーザーに健康と幸福に関するデータ主導型の洞察を提供しています。

一方、モバイルアプリは、予防医療のトレンドの高まりと、インターネット接続向上に伴うスマートフォンの急速な普及により、今後数年間で大きく成長すると予想されます。AIやデータサイエンスなどの高度な技術統合により、これらのヘルスケアアプリケーションは、入力されたデータに基づいて実用的な洞察を提供し、女性が健康やウェルネスに関して十分な情報に基づいた意思決定を行うことができるようにします。

さらに、医師やドクターもデータを参照できるため、ヘルスケアプロバイダーと患者の間のギャップを埋め、バーチャル、タイムリー、遠隔地でのケアへのアクセスを可能にしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]