水上ソーラーパネルの市場規模、2030年に1億8,021万米ドル到達予測

水上ソーラーパネルの市場規模は、2022年からCAGR22.5%で成長し、2030年には1億8,021万米ドルに達すると予測されています。水上ソーラー電池技術は、発電のための信頼できる再生可能エネルギー源に対する需要により、高い成長が期待されており、土地関連コストの削減も、需要を押し上げる要因と考えられます。2021年には、定置型水上ソーラーパネル部門が市場をリードし、今後も主導的な地位を維持するとみられます。定置型水上ソーラーパネルは、土地面積を取らず、設置が容易であるため、貯水池や湖などの水域に簡単に設置することができます。

また、水上ソーラーパネルは、水域の日除けにもなるため、水の蒸発を抑えることができます。化石燃料への依存を減らすことで環境汚染を軽減しようとする努力と相まって、さまざまな政府が発電用の再生可能エネルギーの利用を重視するようになっており、同市場にプラスの影響を与える可能性があります。追尾型水上ソーラーパネルは、追尾技術により発電効率が向上するため、需要が増加すると予測されています。トラッキング技術のコストを下げるために、メーカーや設置業者が研究開発への投資を増やしていることも、市場成長につながっています。日本は、土地の利用可能性が低く、再生可能エネルギーの使用を奨励する政府のイニシアチブが約束されているため、2019年には最大の国レベルの市場となりました。

水上ソーラーパネル市場のハイライト

収益面では、2021年に定置型浮体式ソーラーパネル分野が市場で突出したシェアを占め、今後も安定した成長を遂げると予想されます。

地域別に、2021年、アジア太平洋地域は最大の収益シェアを占めました。日本や中国などは、水上ソーラーパネルの導入に多額の投資を行っており、これが市場成長の原動力となっています。

市場の成長を後押しするために、過去数年間に様々な戦略的イニシアチブが記録されました。

例えば、2018年10月、京セラ(日本)は、東京センチュリー(日本)と合弁会社を設立し、日本最大の水上ソーラーパークを開設しました。水上ソーラーパークは13.7MWの容量を持ち、千葉県市原市の山倉ダム貯水池に設置される予定です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]