核医学の市場規模、2030年に244億米ドル到達予測

核医学の市場規模は、2022年からCAGR13.0%で成長し、2030年には244億米ドルに達すると予測されています。癌や甲状腺などの慢性疾患が増加しており、今後、複数の放射性医薬品治療薬の承認が予定されていることが、市場の推進要因になっています。例えば、2022年3月、Novartis AGは、前立腺癌の成人患者の治療のためにPluvicto(Lu 177)の承認を受けました。

汎米保健機構(PAHO)によると、2022年には世界で約2,000万人が新たにがんと診断され、約1,000万人ががんを原因として死亡すると推定されています。中低所得国におけるライフスタイルの変化、不健康な食事、口腔衛生に関する意識の低さなどの要因が、がんの蔓延の最も一般的な原因となっています。

診断における核医学製品の採用が増加し、放射性核種の供給に役立つ新しい発電機の承認が、市場成長の原動力になっています。例えば、2021年11月、EZAGはブラジルでGalliaPharmのブラジル保健当局規制庁(ANVISA)の認可を取得しました。これは、G68 dotatate注射剤を作るために、崩壊するゲルマニウム-68のソースからガリウムのポジトロン放出同位体を抽出するために使用されるガリウム-68ジェネレーターです。本製品は、ブラジルにおいて医薬品として承認された最初で唯一のガリウム発生装置です。このような製品の承認は、発展途上国市場での市場成長に有利に働きます。

COVID-19パンデミックにより、市場は緩やかな影響を受けています。危機時のサプライチェーンの継続性を評価するため、2020年第2四半期に国際原子力機関(IAEA)によって原子炉ベースの医療用アイソトープに関する調査が行われました。その結果、主要な生産者は、各国政府によって操業が不可欠とされ、IAEAの安全基準に沿って生産を継続したことが明らかになりました。

核医学市場のハイライト

製品タイプ別に、SPECTセグメントが、その低コスト、高精度、用途の広さにより、最大シェアを占めています。

PETセグメントは、前立腺癌用PYLARIFY PETイメージング剤などの新製品の承認・発売により、大きな成長が見込まれます。

用途別に、2021年にオンコロジーセグメントが42.06%のシェアを獲得し市場を支配しました。

地域別に、北米市場が、治療療法に関する高い認知度、有利な償還政策、購入の容易さにより、2021年の市場を支配しました。

アジア太平洋地域は、慢性疾患の有病率の上昇、老年人口の増加、新製品の承認などにより、大きく成長すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]