歯科用バーの市場規模、2030年に8億8,160万米ドル到達予測

歯科用バーの市場規模は、2022年からCAGR5.4%で成長し、2030年には8億8,160万米ドルに達すると予測されています。う蝕などの歯科疾患の有病率の増加が、市場成長の原動力になると考えられます。また、高齢者人口の増加や、身近な口腔ケアへのニーズが、市場をさらに牽引すると予測されます。歯科用バーサーは、象牙質除去、虫歯治療、硬組織切断、インプラント治療などに使用される歯科用回転器具で、一般的にステンレス鋼、タングステンカーバイド、ダイヤモンドグリットで作られています。

う蝕は最も一般的で予防可能な歯科疾患であり、早期に発見すれば、非侵襲的な技術で治療することが可能です。WHOによると、2020年現在、世界で約35億人が口腔疾患に苦しんでおり、永久歯の未処置う蝕が最も一般的です。また、5億3千万人以上の子供が乳歯のう蝕に苦しんでいると言われています。中低所得国では、ライフスタイルの変化、砂糖の大量消費、口腔衛生に関する意識の低さなどが、う蝕の蔓延の最も一般的な原因となっています。

歯を失う主な原因である重度の歯周病は、世界人口の10%が罹患していると言われています。米国歯科医師会によると、米国では85%の人が歯の健康を重視し、総合的なケアを不可欠なものと考えています。口腔の健康に対する意識と重要性、そして高度な歯科医療サービスへのアクセス向上が、歯科医療機器市場の成長を後押しすると思われます。COVID-19の影響により、歯科治療の予約が一時的にストップしました。しかし、市場は回復傾向にあり、Dentsply Sirona社は、2021年に同社の技術・機器部門の売上高が増加したと報告しています。さらに、多くの歯科医は、COVID-19危機後に口腔ケアと歯科治療が急増すると考えており、市場成長の推進力になると予想されます。

歯科用バース市場のハイライト

材料別では、ダイヤモンドバーセグメントが、その高効率で正確な性質から、多くの歯科医に選ばれ、最大シェアを占めました。

インプラントアプリケーションセグメントは、美容、娯楽など様々な治療分野での用途拡大により、2022-2030年の間、有利に成長すると予想されます。

2021年は、北米地域が、新技術への需要の高まり、主要プレイヤー層の厚さ、歯科疾患の有病率の上昇、高度な医療インフラにより、市場を支配しました。

アジア太平洋地域は、歯科疾患の有病率の上昇と主要プレイヤーの存在により、今後、大幅な成長が見込まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]