不動産管理ソフトウェアの市場規模、2030年に48億5,000万米ドル到達予想

不動産管理ソフトウェア(PMS)の市場規模は、2022年からCAGR 5.6%で成長し、2030年には48億5,000万米ドルに達すると予想されています。所有者や不動産管理者が拡張性を好むようになっていることが、同市場の成長を後押ししています。また、インフラ整備の進展や、シームレスな機能を実現するための不動産関連文書の管理ニーズの高まりも、市場の成長を支えています。不動産管理ソフトウェアの需要は、ここ数年、ホテルや住宅用スイートルームで増加しており、インターネット帯域幅や仮想ストレージが利用可能であることが、ホテル業界や住宅部門での需要に影響を与える要因となっています。

また、レジデンシャル・スイートにおけるPMSは、情報通信技術の発展により、戦略的な位置づけに成長しました。そのため、住宅分野では、リース、通知、空室、請求書作成、回覧板など、さまざまなPMSの機能の自動化が実現しました。さらに、PMSは反復作業をなくし、より良いコミュニケーションを可能にし、ホテル経営を標準化します。また、アウトソーシングサービスの需要が高まっていることも、同市場の成長にプラスの影響を与えています。近年では、クラウドベースやARベースのソリューションなど、技術的に高度なPMSソリューションの提供に注力している企業もあります。

一方、これらのソリューションは、高度な技術を持つ人材の確保やソフトウェアのトレーニングに膨大なコストがかかるため、自社で管理することは困難です。そのため、多くの企業がPMSサービスプロバイダにアウトソーシングしています。また、中東や欧米諸国から、インドやフィリピンなどのアジア諸国へのアウトソーシングが増加していることも、地域別市場の成長に大きく寄与しています。北米市場は、地域におけるPMSソリューション/サービスを提供する有力プレイヤーの存在感が強いため、2021年に最大の収益シェアを占めました。

不動産管理ソフトウェア市場のハイライト

不動産投資の拡大と不動産管理の透明性への要求により、今後、市場は大きく成長するものと思われます。

2021年の市場シェアは、拡張性、使いやすさ、費用対効果、テナントとの係争の少なさなどから、クラウド型が多くを占めました。

世界的な商業施設や不動産開発の増加に伴い、2021年の市場シェアは不動産管理・代理店部門が最高を占めました。

サイバーリスク管理に対する需要の高まりと可処分所得の増加により、商業分野が最速のCAGRを記録すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]