米国の家電製品の市場規模、2030年に930億4,000万米ドル到達予測

米国の家電製品の市場規模は、2022年からCAGR6.5%で成長し、2030年には930億4,000万米ドルに達すると予測されています。燃料価格の上昇、核家族化の進展、IH調理技術の成長などにより、ユーザーの家電製品への依存度が高まっており、米国市場の成長に大きな影響を及ぼすことが予想されます。

その他の米国の家電製品の成長要因として、家庭内の複数の用途に対応できる多機能な製品が人気を集めており、コストパフォーマンスに優れていることが挙げられます。ベンダーは、競争力を維持し、顧客満足度を高め、顧客層を拡大し、多機能な家庭用電化製品の需要を生み出すために絶えず技術革新を行い、需要の拡大に対応しています。

クックトップ、クッキングレンジ、電子レンジ、オーブン部門は、2021年に30.0%以上の最大の収益シェアを占めました。米国における生活水準の向上は、同地域におけるクックトップの需要を促進することが予測されます。米国農務省によると、米国では2020年7月にSAAR(季節調整済み年率)で合計149万5千件の建設許可が出され、2019年7月に比べて9.4%高く、2020年6月に比べて18.8%高い数値となりました。

さらに、2020年7月、許可証からの建設完了総件数の季節調整済み年率(SAAR)は128万件となりました。これは2020年6月より3.6%増加し、2019年7月より1.7%増加しています。完成した工事のうち、住宅は6万524件、非住宅は6万2,959件でした。このような建設の増加が、米国におけるIHクッキングヒーターの需要を促進すると考えられます。

2022年から2030年にかけて、Eコマース分野が最も速いCAGRを記録すると予想されます。米国ではEコマースの普及率が高く、販売台数が多く、家電部門の売上の大半は、アマゾンのような大手オンラインプラットフォームが牽引しています。他地域のメーカーが市場に参入するのは困難であるにもかかわらず、多くの世界のメーカーが参入を試みています。顧客は新しいことに挑戦することを望んでおり、迅速な返品、オンラインショップの販売後のサポート、無料・1日配達機能などの利点が、多くの顧客を引きつけています。

米国家庭用電化製品市場ハイライト

2021年の売上シェアは、冷蔵庫の製品セグメントが第2位を獲得しました。機能強化された家電に対する消費者の欲求が拡大し、スマート冷蔵庫の市場価値が高まっています。家庭におけるスマート冷蔵庫の導入は、インターネットやスマートフォンの普及率の上昇に後押しされています。

エアコンは、2022-2030年の間に7.3%の成長率を記録すると予測されます。エネルギー効率の高いモデルに対する社会の認識が、米国における製品需要にプラスの影響を与えると予測されます。

インバータ搭載エアコンや空気清浄機など、技術的に洗練されたエアコンの登場が、米国市場に好影響を与えると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]