精密農業の市場規模、2030年に208億4,000万米ドル到達予想

精密農業の市場規模は、2022年からCAGR12.8%で成長し、2030年には208億4,000万米ドルに達すると予想されています。精密農業は、サイトスペシフィッククロップマネジメントまたはサテライト農業としても知られ、作物の最適な健康状態と生産性を確保するための情報技術を利用する農場管理の概念です。

精密農業技術は、センシングデバイス、アンテナ、アクセスポイント、自動化・制御システムなどの専用機器に大きく依存しており、メンテナンスと管理サービスも含まれます。また、このプロセスには、バイオエンジニアリング、ロボット工学、オートメーション、画像、センサー、ビッグデータなど、幅広い技術が組み込まれています。

農業におけるテレマティクスの用途が拡大していることが、市場の成長を補完すると予想されます。テレマティクスサービスには、全地球衛星測位システム(GNSS)を導入し、管理目的のために機器の位置を示す追跡装置が含まれます。主要な農業機器メーカーは、農作業の効率を向上させるため、テレマティクスサービスを採用し、農作業のコストを削減し、収益性を最大化させています。また、管理の改善は、環境負荷の低減にもつながっています。

テレマティクス技術は、トラクターやその他の現場監視機器に取り付けられたセンサーを通じて、農機具からデータを取得・転送するために使用されます。農業機械メーカーによるテレマティクスシステムの採用が進んでいることから、今後の市場成長が見込まれています。

さらに、GPSガイダンスと自動化の進展により、ドローンは今後数年間で農業界を変革していくと考えられます。作物サイクルの初期に土壌を正確に分析し、細菌や菌に感染した植物を検出する能力は、ドローン分野の成長を推進することが考えられます。

一方、農家における技術導入率の低さが、市場成長の妨げとなる可能性があります。これは、厳しい基準の不在やデータ交換の制限などの要因によるものと思われます。また、農家では、投資に関する意思決定を行うための可変料率技術(VRT)用の有効な農学モデルがないため、独立したコンサルティングおよびアドバイザリーサービスが不足している上、このサービスは、農家が意思決定を行うための追加情報を得ることができる協同組合、政府機関、農民組合と連携していません。

精密農業市場のハイライト

近代的な農業技術を採用するための政府支援と、作物の健康状態を効率的にモニタリングするニーズの高まりが、同市場の成長の原動力になっています。

クラウドベースのソフトウェアモデルは、エネルギー消費を抑え、コスト削減を実現しながら大量のデータを保存できるため、今後、大きなシェアを獲得することが予測されます。

GPSマッピングおよび関連する農業アプリケーションの革新により、農家はより効率的に作業を行い、利益率を向上させることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]