熱傷治療の市場規模、2030年に42億米ドル到達予想

熱傷治療の市場規模は、2022年からCAGR7.1%で成長し、2030年には42億米ドルに達すると予想されています。熱傷の発生件数が増加していることから、今後、費用対効果の高い治療に対する需要が高まると予想されます。WHOによると、火災による致命的な熱傷の96.0%は、低・中所得国で発生しています。WHOが発表したデータによると、毎年平均で26万5,000人が熱傷によって亡くなっています。この死亡の大部分は低・中所得国で発生しており、その半数は東南アジアで発生しています。さらに、インドでは毎年約100万人が中度または重度のやけどを負い、バングラデシュでは約17万3千人の子供が熱傷の被害にあっています。

また、米国では年間約4,500人が熱傷で死亡し、10,000人が、熱傷に起因する感染症で亡くなっていると報告されています。このように熱傷の発生件数が大幅に増加しているため、熱傷の治療やケアを受ける患者数も増加し、市場成長の原動力となっています。さらに、熱傷の発生件数の増加により、治療オプションの需要が増加しており、熱傷治療に対する医療費全体が増加しています。その治療オプションには、高度なドレッシング、生物製剤、従来の熱傷治療製品、その他があり、半透過性ポリウレタンから開発されたフォームドレッシングは、防水性があり、大量の滲出物が出る傷にも使用することができます。

熱傷治療市場のハイライト

技術的進歩の高まりと高度な治療オプションの需要増加により、2021年は湿潤創傷被覆材セグメントが市場を支配しました。

火傷や入院の発生率が毎年増加しているため、病院セグメントは2021年に市場の最大の収益シェアを占めました。

熱傷の発生率と入院が毎年増加しているため、2021年は、病院セグメントが最大収益シェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]