北米の製品設計・開発サービスの市場規模、2030年に56億6,000万米ドル到達予想

北米の製品設計・開発サービスの市場規模は、2022年からCAGR11.7%で成長し、2030年には56億6,000万米ドルに達すると予想されています。COVID-19パンデミック危機の状況下で、製品開発企業は、いかにして事業を継続するかという大きな課題に直面しました。また、開発にかかる莫大な費用、失敗した場合の金銭的リスク、市場のタイミングなどが、医療機器開発とイノベーションを推進する市場にとって最大の課題となりました。

その後、サプライチェーンの簡素化と市場参入障壁の大幅な低減が、同市場の回復をもたらしました。パンデミックは、診断キット、個人防護具(PPE)、人工呼吸器、その他の重要な医療用品に対する需要を大幅に増加させました。2020年2月以降、FDAは250以上の緊急時使用許可(EUA)を承認しています。EUAsは、体外診断薬などの検査キット、PPEキット&人工呼吸器、ECMOデバイスなどを対象としています。市場の主な推進要因には、製品設計の複雑化、高品質な製品への要求、コスト削減が挙げられます。

医療・ライフサイエンス企業は、医療機器の厳しい規制要件に準拠しながら、より短い期間で革新的な新製品を開発するという極端なコスト圧力に直面しています。メーカーは、設計や生産などの内部要因とともに、費用対効果の高い高品質な製品をより早く市場に投入するためのハードルに直面しています。そこで、医療機器メーカーは、設計、エンジニアリング、製造の各チームが協力して製品モデルを開発する「デザイン・トゥ・マニュファクチャリング」方式を採用しています。このアプローチにより、開発・設計におけるミスを減らし、成功率を高めることで、製品の品質と収益性を向上させています。

北米の製品設計・開発サービス市場ハイライト

2021年には、広範な調査により、調査、戦略、コンセプト生成のセグメントが市場を支配しました。

2021年の市場シェアは、精密な設計・開発が必要な複雑な手術用器具のセグメントで占められています。

医療機器メーカーは、高度で高品質な医療製品への需要が高まっていることから、今後、最速のCAGRで成長すると考えられます。

主要企業は、より高い市場シェアを獲得するために、合併、買収、製品イノベーション、その他の戦略に注力しています。

2021年11月、Planet Innovation(PI)は、規制対象医療機器を製造するBIT Analytical Instruments GmbHの北米事業を買収しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]