米国のオフィス家具の市場規模、2030年に222億米ドル到達予想

米国のオフィス家具の市場規模は、2022年からCAGR5.3%で成長し、2030年には222億米ドルに達すると予想されています。可処分所得の増加、不動産業界の成長、企業の成長、贅沢で高級な家具に対する消費者の欲求など、さまざまな要因が市場を牽引しています。さらに、ハイブリッドワーキングカルチャーの人気の高まりや、Ed-Techプラットフォームの拡大が、米国のオフィス家具業界を前進させています。

COVID-19の大流行による社会的距離を置く規範のため、何百万人ものアメリカ人が自宅で仕事をするようになりました。在宅勤務(WFH)が標準となり今後も続くと予想されるため、快適なオフィス家具を備えていない人はストレスがたまり、オフィス家具の購入が急増しました。例えば、ミネアポリスに本社を置くHOM Furniture社は、全17拠点でホームオフィスを販売していますが、在宅勤務が実施されて以降、このカテゴリーの盛り上がりを実感しています。ラップトップとタブレットの両方に対応する小規模なワークステーションは、最も人気のある製品の一つです。

さらに、オフィス家具メーカーは、持続可能な製造方法を導入しています。これは、持続可能な生活に関する消費者の意識が高まり、環境に配慮した家具の需要が高まっていることが主な要因です。例えば、Herman Miller社では、燃料の使用量削減や廃材の再利用など、環境に配慮した家具の開発を進めており、廃棄物ゼロ、地域の自然エネルギー50%増(50,000MWh)、100%環境配慮設計認定品、年間12万5千トンの製品回収を公約に掲げています。

さらに、レンタルスペースや在庫の必要性を減らすために、インターネットを利用した家具ビジネスが増加しています。米国で人気のあるオフィス家具のEコマースサイトには、Amazon.comやWayfairなどがあります。オフィス家具をオンラインで販売する可能性が高まったことで、オンライン小売業者はセキュリティと信頼性の面で購入プロセスの強化を余儀なくされ、オフィス家具の需要を押し上げることになりました。安全な取引、代金引換、迅速な返品対応、一元化されたカスタマーサービスなどは、消費者のオンラインショッピングを魅了するポリシーのほんの一部です。

米国オフィス家具市場のハイライト

米国のオフィス家具市場は、2022年から2030年にかけて大幅な成長が見込まれています。近年、商業分野におけるビル建設の継続的な拡大と可処分所得水準の上昇が、米国におけるオフィス家具需要を促進しています。

シーティング製品分野は、2021年に25.0%超の最大の売上シェアを占めました。人々が職場で過ごす時間が1日8~10時間以上になったため、快適な椅子がますます重要になっており、米国では人間工学に基づいた椅子が販売されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]