デジタルツインの市場規模、2030年に1,558億3940万米ドル到達予測

デジタルツインの市場規模は、2022年からCAGR39.1%で成長し、2030年には1,558億3940万米ドルに達すると予測されています。デジタルツイン技術は、主に製造業、航空宇宙産業、自動車産業において、コンポーネントとシステムのツインを設計・シミュレーションするために開発および導入されました。その後、仮想化や自動化のニーズの高まりや、モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)などの技術の出現により、小売、不動産、銀行・金融、ヘルスケアなどの業界におけるデジタルツインソリューションプロバイダーに新しい道が開かれ、市場成長の原動力となっています。

デジタルツインにより、企業は既存のワークフローパターンを仮想的に作成し、それを観察・最適化することで運用コストの削減を図ることができます。小売業と住宅産業では、ベンダーから顧客までのサプライチェーンの最適化、販売予測、スマートシティプロジェクトの開発などに注目が集まっており、デジタルツイン技術の採用が進むと予想されます。このような多様なアプリケーションの出現により、特定の要件に対応するために最終使用産業全体でオーダーメイドのソリューションへの需要が高まっており、これが市場成長を促進すると予想されます。COVID-19の大流行による、社会的距離を置くという規範のため、デジタルツイン技術の採用が加速しています。

事業所の再開が迫っていることから、企業は、職場のデジタルツインを作成し、家具や作業場、座り方などを変更することによって従業員の安全の確保に注力しています。さらに、ヘルスケア分野では、感染した患者の仮想レプリカを作成し、今後の研究に活用するために、デジタルツイン技術の採用が急増しています。例えば、2021年5月、Dell Technologiesはi2b2 tranSMART Foundationと提携し、非識別化患者データを用いてデジタルツインを作成しました。そして、このデジタルツインは、研究者が将来の治療のために無数の治療シミュレーションを行い、病気の蔓延を緩和するのに役立つと期待されています。

デジタルツイン市場のハイライト

最終用途別に、市場は、自動車セグメントが最速のCAGRを記録すると予想されます。電気自動車やコネクテッドカーの開発が進んでいることが、自動車分野におけるデジタルツイン技術の採用を促進する主要因となっています。

ソリューション別に、自動車、製造、航空宇宙分野における、既存のエンジンモデルや製造ラインを強化するためのデジタルツインの導入が進み、2021年にはシステム分野が最高収益シェアを占めました。

アジア太平洋地域は、確立された自動車産業と製造業が存在し、コネクテッドデバイスの普及が進んでいることから、最速のCAGRを記録すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]