母乳育児用品の市場規模、2030年に39億米ドル到達予想

母乳育児用品の市場規模は、2022年からCAGR6.45%で成長し、2030年には39億米ドルに達すると予想されています。女性の就業率の上昇は、母乳育児用品の需要を急増させ、市場の成長を推進することが期待されます。たとえば、世界銀行と国際労働機関のデータによると、女性の雇用率は、米国で55%、英国では59%に上ります。 働く女性は母乳育児用品を購入する可能性が高いため、女性の就業率の急上昇により、同市場の成長が期待されています。

世界的に出生率が上昇しています。例えば、持続可能な開発のための国際研究所(IISD)の最新レポートによると、世界の出生率は女性一人当たり2.3人に達しています。同様に、ミルクバンクの数も世界的に増加しています。例えば、ミルクバンク協会によると、欧州では280のミルクバンクが活動しています。同様に、International Breastfeeding Journalによると、2020年時点で、インドでは80のミルクバンクがあります。このように、世界的にミルクバンクが設立されています。

さらに、COVID-19ワクチンの導入とロックダウンの解除により、市場の成長が期待できます。これは、世界的にオフィスが開設され、オフィス勤務やハイブリッド勤務が開始されたことに起因しています。例えば、Microsoftは従業員への30日間の猶予とともに、2022年2月からハイブリッド型の新しい勤務形態に移行しました。さらに、多くの市場プレーヤーは、製品発売、パートナーシップ、コラボレーション、認知度向上キャンペーンなどの戦略を開始し、手をひろげています。例えば、Medela LLCやLaura & Co.などのさまざまな市場参加者は、プログラムの手配や雑誌の配布を通じて、ターゲットとなる人々の認知度を高めています。

母乳育児用品市場のハイライト

製品別では、女性の就業率の上昇により、母乳の貯蔵・供給分野が2021年に15.0%超のシェアで市場を独占しました。

産後リカバリーアクセサリー製品分野は、最速の成長率を記録すると予想されます。出産数の増加は、産後リカバリーアクセサリーの使用に大きな影響を与えると思われます。

アジア太平洋地域は、対象人口の多さと出生率の上昇により、2021年に40.0%以上の最大の売上シェアを占めました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]