米国の診療管理システムの市場規模、2030年に115億米ドル到達予想

米国の診療管理システムの市場規模は、2022年からCAGR 4.5%で成長し、2030年には115億米ドルに達すると予想されています。診療管理システムの需要は、医療費抑制へのプレッシャーの高まりや、病院・医療現場の力学の変化により拡大しています。費用対効果の高い医療の実現に向けた注目度の高まりが、市場の成長をさらに後押しするものと思われます。

診療管理システムを利用することで、医療従事者は適切な治療を効果的な価格で提供できるようになり、治療費の削減が可能になります。さらに、COVID-19の影響が市場の成長を促進すると予測されます。Allscripts Healthcareなどの主要プレイヤーは、スクリーニングとモニタリング時間の短縮を目標に、SunriseTM EHR、Parago HER、Allscripts Care Directorなどの疾患固有のニーズに対応する病院向けCOVID-19ソリューションのパッケージを提供しています。これらのスクリーニングは、コロナウイルス感染が確認された、または疑われる患者の識別と追跡に役立ち、パンデミック時の市場成長にプラスの影響を与えました。

医療におけるIoTの導入と技術的躍進、携帯電話やインターネットの利用の増加、診療管理ソリューションの需要増は、市場成長の主な要因です。政情不安、経済的ストレス、積極的な取り組みの欠如が、医療資金に悪影響を及ぼしています。米国では、多額の医療関連資金や保険制度があるにもかかわらず、医療費の高騰が続いており、医療従事者に影響を与えています。

米国診療所管理システム市場のハイライト

病院/医療現場の力学の変化と付加価値サービスの開発・販売が市場成長の原動力となっています。

統合製品セグメントは、さまざまな部門にわたる効率とコミュニケーションの強化、管理ミスや医療ミスの減少などの利点により、2021年に最大の市場シェアを獲得しました。

コンポーネント分野では、技術の進歩や新製品の発売により、ソフトウェアが2021年に最大の売上高シェアを占めました。

クラウドベースの診療管理ソリューションは、遠隔地でも情報を入手できる、信頼性が高い、処理が早いなどの利点があり、最速で成長することが予想されます。

2021年のエンドユーザー部門は、診療所における同システムの採用が進んでいることから、医師の診療所部門が大半を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]