ブロー成形ツールの市場規模、2030年に173億3,000万米ドル到達予測

ブロー成形ツールの市場規模は、2022年からCAGR3.5%で成長し、2030年に173億3,000万米ドルに達すると予測されています。医療分野におけるブロー成形プラスチックの需要増加とプラスチックリサイクルの意識の高まりが、今後の市場成長を拡大させると考えられます。

医療産業は、世界におけるブロー成形ツールの主要なエンドユーザーの1つです。COVID-19の世界的な拡大により、バイアル、注射器、医薬品や消毒剤を保管するためのボトルなどのプラスチック容器の需要が高まり、市場は成長しました。例えば、2020年2月には、Fischer SA de CVがブローモルダーと射出成形ツールを備えた1,000万米ドルの新工場の操業を開始しました。

さらに、プラスチック廃棄物に対する問題意識により、食品・飲料業界は再生プラスチックへのシフトを進めています。このような業界の取り組みが、市場成長を後押しすると予測されます。例えば、2021年9月にNestleは、食品包装に使用されるフレキシブルプラスチックをリサイクルするために、英国を拠点とするYes Recyclingと提携しました。

パッケージングアプリケーションセグメントは、世界市場を支配すると予想されます。パッケージングは、食品・飲料や化粧品などの産業から需要があり、同セグメントの成長をさらに後押ししています。例えば、2021年9月、美容アプリケーションソリューションプロバイダーのGEKA Gmbhは、施設の規模を22,000平方メートルに拡大し、製品を梱包するための高度な製造技術と持続可能な射出成形能力を持つ施設を建設しました。

押出ブロー成形法は、2021年に50.0%以上の最大の売上シェアを占めました。環境面への配慮から紙製ボトルへの需要が高まっていることが、押出ブロー成形市場に新たな機会をもたらしています。例えば、2020年11月にCBS Productsは、80% PCR HDPEを押出ブローしたインナーライナーを含むパルプ紙成形ボトル入りの家庭用洗浄剤の新ラインを発売しました。

アジア太平洋地域は、2021年に35.0%以上の最大の売上高シェアを占めました。コロナウイルスの発生により、この地域では除菌剤の生産が推進され、ブロー金型のメーカーは、製薬業界の包装ニーズの高まりに対応するために、生産能力の拡大を余儀なくされました。例えば、2021年9月、Mold-Tek Packaging Ltd.は、今後3年間の能力拡張に2,660万米ドルの投資を行うと発表しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]