マイクロMRIの市場規模、2030年に25億米ドル到達予想

マイクロMRIの市場規模は、2022年からCAGR4.3%で成長し、2030年には25億米ドルに達すると予想されています。マイクロMRI分野における技術の進歩、非侵襲的小動物画像法の採用の増加、前臨床研究をサポートするための資金調達の増加が、マイクロMRIの市場成長を後押しすると予想されます。

マイクロMRIは電離放射線を使用しない効率的なシステムであり、空間分解能が高く、特に軟部組織のイメージングに適しています。さらに、小動物における機能イメージング、解剖学的イメージング、分子イメージングなど、幅広い用途に使用されており、薬理学、脳地図作成、神経変性疾患、精神医学など、さまざまな分野で利用されています。

高磁場強度、高解像度、無冷媒システムなどの技術開発が市場拡大に寄与すると思われます。さらに、前臨床研究にマイクロMRIを採用する動きが活発化していることも、今後の市場成長を後押しするものと思われます。例えば、2021年8月、Brukerとドイツのカールスルーエ工科大学(KIT)は、15.2テスラ超高磁場磁気共鳴(MR)イメージングシステム「BioSpec 152/11」の設置を完了しました。2022年1月、アリゾナ州テンペのアリゾナ州立大学では、MRソリューションズが7Tと3Tの可変磁場を持つ9.4T MRIシステムを導入しました。

COVID-19のパンデミックの結果、物流の制約、需要の低下、営業・マーケティング活動の縮小など、いくつかの障害が発生しました。しかし、2022年半ばには、エンドユーザーが前臨床研究にハイエンド技術を取り入れるようになり、市場は着実に改善することが予測されます。これにより、今後数年間、マイクロMRI市場の成長が大幅に促進されることが予想されます。

マイクロMRI市場ハイライト

2021年は超伝導磁石セグメントが市場を支配し、2022年から2030年の間、最速で成長すると予想されます。

大学・学術セグメントが2021年に約32.0%の最大収益シェアを獲得しました。

前臨床イメージングおよび試験施設セグメントは、2022年から2030年の間、最も速い成長率を記録することが推定されます。

北米市場は、2021年に最大の収益シェアを占めました。

アジア太平洋地域は、研究開発活動の増加により、最速のCAGRを記録すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]