診療管理システムの市場規模、2030年に281億7,000万米ドル到達予想

診療管理システムの市場規模は、2022年からCAGR8.8%で成長し、2030年には281億7,000万米ドルに達すると予想されています。医療費抑制への圧力の高まり、費用対効果の高い治療オプションへの要求、COVID-19などの未曾有の医療緊急事態、医療記録のデジタル化などが、市場成長の主な要因となっています。また、COVID-19の世界的流行の影響から、より迅速かつ効果的な結果をもたらすデジタル化された相互運用性ソリューションの必要性がさらに高まっています。先進国だけでなく発展途上国でもEHRや遠隔医療の導入が進んでいることから、今後数年間は市場に有利な成長基盤が提供されることが予想されます。

また、費用対効果の高い高品質な医療の実現に向けた取り組みが活発化していることも、市場の発展に寄与していると考えられます。米国では、ビジネスモデルのダイナミクスが変化した結果、医療機関のパラダイムシフトが起こっています。診療管理システムとCPOE(Computerized Physician Order Entry)や検査情報システムなどの他のヘルスケアITソリューションとの統合など、新たな付加価値サービスの開発が、今後数年間にわたり米国での市場成長を促進すると予想されています。

診療管理システムは、中規模および大規模の医療機関が適切な治療を効果的な価格で提供することを可能にし、治療費の削減に貢献します。主要プレイヤーの多くは、業界のポジションを強化するために、製品の発売、コラボレーション、パートナーシップ、M&Aなどの戦略を採用しています。例えば、2019年9月、GetWellNetworkとCernerは、入院患者から外来患者、自宅まで、プロバイダーと患者の間のギャップを狭めるために提携しました。この提携は、便利なアクセスと消費者のエンゲージメントを提供することを目的としています。

プラクティス管理システム市場のハイライト

付加価値サービスの開発・販売に伴う医療現場/病院業界の力学の変化が市場を牽引しています。

統合システム部門が2021年に最大の市場シェアを獲得しました。これは主に、さまざまな部門にわたる効率とコミュニケーションの強化、管理ミスや医療ミスの減少といった利点によるものです。

2021年には、技術の進歩や新製品の発売により、ソフトウェアが最大の売上シェアを占めました。

クラウドベースのセグメントは、遠隔地でも情報をすぐに利用できる、信頼性が高い、処理が早いなどの利点から、最速のCAGRを記録すると予想されます。

2021年には、診療所におけるシステムの採用が進んだため、医師のバックオフィスが市場を支配しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]