溶射コーティングの市場規模、2030年に154億1,000万米ドル到達予想

溶射コーティングの市場規模は、2022年からCAGR4.8%で成長し、2030年には154億1,000万米ドルに達すると予想されています。同市場の成長は、航空宇宙、自動車、産業用ガスタービン、石油・ガス、鉄鋼、印刷、医療用途の開発に起因するもので、機械部品に電気・熱伝導性、耐摩耗性、潤滑性、耐薬品性、耐熱性、耐腐食性などを付与します。機械部品の多くは高価なものであり,頻繁な交換は不経済であり,エンドユーザー産業にとって高コストになります。

例えば、鉱山や海洋掘削作業で使用されるドリルビットは、硬い地形による衝撃や地表下の化学物質の反応に耐えなければなりません。溶射コーティングは、このような大規模な作業で不可欠な耐腐食性と耐摩耗性を提供し、自動車やエレクトロニクス分野での金属需要の増加により、消費の拡大が期待できます。溶射剤メーカーは、より良い市場ポジショニングのために、現在の技術を強化するために技術提携を行います。例えば、2020年4月、ASBインダストリーズは、ネバダ大学およびアクロン大学と共同でマグネシウムへの二層コーティングを開発しました。

同社が現在行っているマグネシウム合金へのコールドスプレーのアルミニウムコーティングは、塩化物を含む溶液中で局所的な腐食の影響を強く受けます。現在開発中のマグネシウムへのチタンアルミコーティング層は、微小硬度を上げ、摩耗率を下げることができます。このような技術提携により、今後数年間は製品需要が増加する可能性があります。さらに、市場のプレーヤーは、製造能力の拡大に投資しています。例えば、2021年3月、Oerlikon Metco Coating Servicesは、ノースカロライナ州シャーロット郊外のハンターズビルに世界クラスの添加剤製造施設を設立し、サーマルスプレーとレーザークラッディング機能を一つ屋根の下に集結させました。

この拡張戦略は、北米の主要な航空宇宙産業や発電産業の顧客との近接性を向上させることを目的としています。世界市場は、複数のプレーヤーが存在するため、非常に競争が激しくなっており、メーカーは市場シェアを拡大するために、新製品の投入やエンドユーザーとの契約締結を進めています。例えば、2022年1月、Advanced Nanotech Labは、セラミックベースのコーティングを大手自動車メーカーに供給するために、1,500万米ドルの契約を獲得しました。エンドユーザー企業とのこのような契約は、市場プレーヤーに確実な製品需要を提供することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]