廃棄物管理の市場規模、2030年に1兆6,855億米ドル到達予想

廃棄物管理の市場規模は、2022年からCAGR6.2%で成長し、2030年には1兆6,855億米ドルに達すると予想されています。不法投棄を減らすための政府の積極的な対策や、廃棄物焼却(WTE)およびリサイクル技術の進展が、市場の成長を後押しすると思われます。

インドや中国などの発展途上国では、急激な工業化により廃棄物が増加し、最終使用産業の汚染を引き起こしています。再生可能な廃棄物管理に関する環境意識の高まりや、世界的なCO2排出量の増加が、今後、同市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

包装、消費財、輸送、電気・電子、機械製造業界におけるプラスチックの採用は、著しい成長を示しています。一般的に40%がプラスチックで構成されている携帯電話、PC・ノートパソコン、洗濯機、食器洗い機などの家電製品の需要増加が、市場成長を後押しすると予想されます。

電子製品の需要は世界的に急増しており、その結果、電子廃棄物の発生が増加しています。電子機器メーカーは、電子廃棄物による環境破壊を抑えるため、リサイクル材料を使用することに注力しています。電子産業におけるリサイクル材料の需要の高まりは、市場の成長を促進すると予想されます。

廃棄物の効果的な処理に関して、各国政府はEUが発表した埋立地基準(1999/31/EC)のような規制を導入しています。こうした規制の導入が進むことで、リサイクルや嫌気性消化など、持続可能な廃棄物管理の実践が強化され、市場の成長に拍車がかかることが予想されます。

企業は、消費者基盤や、地理的プレゼンスを拡大するために、合併・買収に注力しています。例えば、2020年10月、Waste Management社はAdvanced Disposal Services社を買収し、米国で新たに約300万件の住宅、産業、商業顧客に対して廃棄物管理サービスを提供しています。

廃棄物管理市場のハイライト

廃棄物処理サービスセグメントは、持続可能な処理方法によって汚染が減少し、リサイクル材料の使用も進むことから、2022年から2030年にかけてCAGR 7.1%で拡大すると予測されています。

石油・ガス、化学、建設、エレクトロニクスなど、多くの最終使用産業からの廃棄物が増加しているため、産業廃棄物セグメントは、2021年に50.0%超の最大シェアを占めました。

アジア太平洋地域は、環境悪化を抑制するためのさまざまな廃棄物管理技術の採用が進んでいることから、2021年に40.0%超の最大収益シェアを占めました。

インドは、不適切な廃棄物処理によって引き起こされる健康被害や病気に関する意識の高まりから、2022年から2030年にかけて、CAGR 7.2%で拡大すると推定されます。

2021年5月、SUEZは金属の抽出と価値化の主要メーカーであるErametとパートナーシップを締結し、欧州向けに持続可能で高性能なバッテリーリサイクルソリューションを提供しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]