糖尿病性網膜症の市場規模、2030年に138億米ドル到達予想

糖尿病性網膜症の市場規模は、2022年からCAGR6.4%で成長し、2030年には138億米ドルに達すると予想されています。糖尿病の罹患率は劇的に増加しています。国際糖尿病連合によると、2021年の糖尿病患者数は約5億3,700万人で、2030年には6億4,300万人、2045年には7億8,300万人に増加すると予測されています。糖尿病は、網膜血管の漏れや破裂によって引き起こされる失明原因の上位にあげられ、失明は病期によって一時的なものもあります。研究によると、2020年の糖尿病性網膜症の患者数は約1億312万人であり、2045年には1億6,050万人に達すると予想されています。

また、患者の意識レベルの上昇や医療費の増加、および、世界的に老年人口が増加していることも、市場の成長を促進する要因となっています。Population Reference Bureauの「Aging in the United States」と題するレポートによると、米国における65歳以上の高齢者数は、2016年の約4,600万人から2060年には9,800万人超に増加すると予測されています。糖尿病網膜症の早期発見・治療ガイドラインは、COVID-19パンデミック関連の制約により、大幅に減少しました。また、糖尿病性網膜症に対する硝子体内注射は、2019年と比較すると、約30%から100%の大幅な減少となりました。その後、ロックダウンの制約がなくなり、市場は大きな成長を遂げると考えられます。

糖尿病網膜症市場のハイライト

タイプ別に、2021年は、非増殖型糖尿病網膜症セグメントが最大シェアを占めました。糖尿病歴10年未満という括りの中に多くの患者が存在することが、同セグメントの高いシェアに寄与しています。

管理別に、2021年は、抗VEGFセグメントが最大収益シェアを占めました。軽度から中等度の非増殖性DR治療への薬剤の高い適用性が、同セグメントの成長につながっています。

アジア太平洋地域は、最高のCAGRを記録すると予想されます。この地域の人口の多さ、糖尿病の高い有病率、老年人口の増加が市場を拡大する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]