製品ライフサイクル管理の市場規模、2030年に543億6,000万米ドル到達予測

製品ライフサイクル管理(PLM)の市場規模は、2022年からCAGR8.6%で成長し、2030年には543億6,000万米ドルに達すると予想されています。製品ライフサイクル管理は徐々に進化しており、ソフトウェア機能の改善という形で継続的な発展を遂げています。これに加えて、堅牢なデータ分析ソフトウェアプラットフォームに対する需要も増加しており、ブロックチェーン、人工知能、機械学習などのコアテクノロジーの進化によって増強されています。さらに、小規模企業によるスマート製品や工場の出現は、市場参加者に新たな道を開くと考えられます。これらのスマート製品は、接続性、セキュリティコンプライアンスなどの面で複雑な機能を備えており、コネクテッドデバイスに対する需要の高まりは、今後、同市場の成長を促進すると思われます。

過去数年間、製品ライフサイクル管理市場は、エンドユーザー部門を中心に、サプライチェーンと製造プロセスの透明性を高めるために、常に新しい展開を模索しており、サプライチェーンの精度の向上、リードタイムの短縮、売上の増加を目指しています。例えば、2021年6月、プロフェッショナルサービスを提供するアイルランドのAccentureは、データ分析ソフトウェアに特化した日本のIT企業であるDI Squareを買収し、製品ライフサイクル管理(PLM)およびアプリケーションライフサイクル管理(ALM)のシステム統合に関する同社のコンサルティングを提供することになりました。この買収により、Accentureは、日本やその他市場における製造業の顧客に対するエンジニアリングの専門性を高めることができます。

クラウドコンピューティング、人工知能(AI)、ビッグデータ、5Gなどの通信技術など、最新のIT技術に対するニーズの高まりにより、最終用途産業における製品ライフサイクル管理ソリューションの導入機会が増えています。すでに大企業では、企業向けソフトウェアやその他のシステムの展開において、クラウドファーストの戦略を進めており、工場環境内で相互接続されたデバイス、ロボット、迅速なナレッジネットワークの融合が進んでいます。さらに、PLMクラウドの導入は、ほとんどが非従来型の産業や中小企業に集中しています。PLMクラウドを利用することで、製品開発に関する情報の一元化、注文や変更の効率化、サプライヤーとのコミュニケーションの改善などが可能になります。これに加えて、カスタマーエクスペリエンスへの高まり、迅速な導入時間、より深い統合機能などが、今後の市場成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]