医療費割引プランの市場規模、2030年に38億米ドル到達予測

医療費割引プランの市場規模は、2022年から2030年の間CAGR10.2%で成長し、2030年には38億米ドルに達すると予測されています。慢性疾患の負担増、医療費の増加、自己負担額の増加により、手頃な価格の治療ソリューションを提供する健康・医療割引プランの需要が高まっています。市場参加者は、利用しやすい治療ソリューションを提供するために、投資の拡大、製品・サービスの革新、他のプレイヤーとの提携・協力に注力しています。さらに、治療の質を高め、患者の体験を向上させることで、臨床成果を促進し、患者のケアを調整する需要の高まりが、医療費割引制度の採用をさらに後押ししています。

例えば、United Healthcareは、2019年6月、手頃な価格で質の高い聴覚ソリューションを提供する革新的なサービスプロバイダー、ユナイテッドヘルスケアヒアリングを立ち上げました。さらに、同社は、国民意識向上キャンペーンの一環として、全国の警察署と消防署に再利用可能なシリコンプラグ2万個を寄贈しました。幅広いサービスに対して手頃な価格の医療プランを提供するDiscount Medical Plan Organizations(DMPO)の存在感が高まっており、市場の牽引役となることが期待されています。保険が適用されない個人・団体向けに、手頃な価格の歯科治療、視力治療、補聴器、処方薬、カイロプラクティック治療に対する需要が高まっており、市場の発展・成長を促すと思われます。慢性疾患の増加や健康志向の高まりにより、手間がかかない手頃な価格の治療ソリューションへのニーズが高まっています。

米国医療費割引プラン市場のハイライト

診断、糖尿病用品、ラボ検査、内視鏡検査をカバーする追加特典と融合した高度な割引プランの需要増により、2021年にはその他のサービス分野が市場を支配しました。

バーチャル訪問サービス分野は、最速で成長する事が予想されます。これは、オンライン相談などの遠隔医療サービスや、24時間365日ケア専門家にアクセスできる環境が整ってきたことに起因しています。

2021年、歯科医療サービス分野は全体の売上高のうち2番目に大きなシェアを占めました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]