ルートビールの市場規模、2030年に10億9,000万米ドル到達予測

ルートビールの市場規模は、2022年からCAGR4.6%で成長し、2030年には10億9,000万米ドルに達すると予想されています。ルートビアは、北米の伝統的な飲み物で、ササフラスの木の根皮を使用して作られてきました。ササフラスは、発がん性成分であるサフロールを含むため、1960年に食品医薬品局(FDA)により禁止されました。そのため、市販されているルートビールのほとんどは、人工香料のササフラスを使用しています。しかし、Hansen Beverage社など一部の企業は、ルートビールの信頼性を保つため、サフロールを含まないササフラス抽出物を使用しています。

ルートビール市場の成長は、低アルコール飲料の需要の増加、ホテル・レストラン・バーの増加、エキゾチックで新しいフレーバーの飲料に対するミレニアル世代の関心の高まりが主な要因となっています。消費者のライフスタイルの変化や可処分所得水準の上昇に伴い、レストラン、ホテル、クラブ、バーなどでの需要が高まっています。このことは、今後数年間にわたり、市場の成長に有利に働くと予想されます。COVID-19の発生は、バー、レストラン、ホテルの閉鎖や制限により、流通チャネルとサプライチェーンを混乱させました。2020年には、市場全体の成長率がわずかに低下しました。

一方、スーパーマーケットやEコマースなどのオフトレードチャネルからの売上は、閉鎖期間中に増加が目撃されました。COVID-19の流行により、消費者のルートビアへの嗜好が変化し、アルコールが含まれていないことから他の飲料よりも健康的な選択肢となりました。新製品の発売、M&A、地理的拡大などは、業界の地位を強化するために市場参加者が採用した重要な戦略の一部です。例えば、2018年にJAB Holding Co.は、Keurig Green Mountainの事業部門を通じてDr. Pepper Snapple Groupと合併する戦略的な契約を締結しています。両社の合併によりKeurig Dr.Pepperが誕生しました。統合された両社は、A&W Root Beer、7UP、Dr. Pepperなどのブランドで様々な製品を提供しています。

ルートビア市場のハイライト

オフトレードの流通チャネルは、最速のCAGRを記録すると予測されます。2021年のオフトレードセグメントを支配したのは、スーパーマーケット&ハイパーマーケット部門です。COVID-19パンデミックにより、オフトレードでの売上が増加しています。

欧州地域は、世界第2位の市場です。ドイツ、イタリア、フランスなどの国々が、市場の成長に大きく寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]