遠隔医療の市場規模、2030年に3,803億米ドル到達予想

遠隔医療の市場規模は、2022年からCAGR19.5%で成長し、2030年には3,803億米ドルに達すると予想されています。これは、慢性疾患の増加、人口の高齢化、遠隔医療の普及、医療費削減の要求などによるものと考えられます。SOC Telemedは、2021年第3四半期にシステム全体の総相談件数が14万743件となり、前年同期比の76%増を記録しました。また、テレプサイタリーのボリュームがCOVID前の水準に回復し、テレニューロロジーのサービスラインも大幅にボリュームが増加したと報告しています。SOC Telemedがサービスを提供した施設は、Access Physiciansがサービスを提供した193施設を含め、合計で約1,087施設となりました。

COVID-19の大流行が市場に与えた影響は全体的にポジティブなものでした。遠隔医療ソリューションに対する認知度が高まり、患者や医療従事者の間で導入率が向上し、市場への投資活動も活発化しました。遠隔医療の利用を促進するための規制当局の支援策も、市場の成長を後押ししています。米国では、COVID-19の流行に対処するために、遠隔医療の普及を促進するための州法と連邦法が制定されました。例えば、2020年3月6日、米国大統領はコロナウイルス準備・対応補助歳出法に署名しました。これには、連邦政府機関への80億米ドルの緊急資金援助と、遠隔医療サービスの償還範囲を拡大する規定が含まれていました。

また、米国の多くの州は、このサービスをよりよく利用するために免許を免除しています。これは、パンデミック時の市場成長にプラスの影響を与えました。技術の急速な進歩も、オンライン診察の需要を高め、市場成長に貢献しています。例えば、2020年4月、American Wellは、COVID-19患者に対して医師が仮想プライマリーケアまたは専門ケアを提供するための、安全でシンプルかつコスト効率の良いソリューションであるAmwell Private Practiceを発表しました。さらに、主要な市場参加者による戦略的イニシアティブ、大規模な既存企業の市場参入、新たな新興企業の出現が市場成長に寄与すると推測されます。2020年10月、Teladoc, Inc.は、消費者のヘルスケアへのアクセス、提供、体験を向上させることを目的としてLivongo Health, Inc.と合併しています。

これは、同社の成長目標をサポートするものでした。また、2021年1月には、英国で医療従事者間のアドバイスやガイダンスを可能にする遠隔医療プロバイダーであるConsultant Connect Ltd.を買収しました。 米国では、過去10年間に遠隔メンタルヘルス訪問が大幅に増加しており、病院や医療現場における遠隔医療システムの採用に寄与しています。また、精神的な健康を重視する社会的風潮や医療消費意欲の高まりも、近い将来、市場の成長を促進する主な要因になると予想されています。例えば、NAMIによると、2020年には、米国で5,290万人以上の成人が精神疾患を経験しました。

また、10歳から34歳までの人々の間では、全米で2番目に大きな死因が自殺であることが判明しています。メンタルヘルスに関する意識レベルの向上、エンドユーザーによる取り込み、既存の市場プレイヤーの提供製品の拡大、投資の流れ、新規企業の参入などが、市場成長を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]