フッ化水素酸の市場規模、2030年に16億9,000万米ドル到達予想

フッ化水素酸の市場規模は、2022からCAGR5.6%で成長し、2030年には16億9,000万米ドルに達すると予想されています。フッ素化学とフッ素成分の生産におけるフッ化水素酸の消費の増加が、世界的に需要を後押ししています。フッ化水素酸はフッ化水素の水溶液であり、主に金属洗浄、ガラスエッチング、電子機器製造などの工業用途や、家庭用除錆剤にも使用されています。市場では主に無水フッ化水素酸と希釈フッ化水素酸の2つのグレードが販売されています。無水フッ化水素酸は毒性が低く、低温での品質が高いため、需要が高まっています。

米国とドイツにおけるフッ素化学の生産レベルの上昇が世界的な需要を支えています。アジア太平洋地域では、フルオロカーボンの生産量の増加と大規模メーカーの存在が、市場の成長を後押ししています。インドでは、フッ化水素酸を主原料とするアルミニウムおよびアルミニウム製品の生産が増加しており、製品需要が増加することが予想されます。世界市場は、先進国と発展途上国の両方に多数のプレーヤーが存在するため断片化されています。主要プレーヤーは、バリューチェーン全体を通してプレゼンスを高めるために、M&Aに注力しています。業界プレーヤーの大半は、幅広い用途に対応するため、環境に優しい特性を持つ新製品の開発を目指し、製品開発に注力しています。

フッ化水素酸市場のハイライト

界面活性剤、フッ素化学、金属洗浄剤など様々な用途での需要増により、2021年の収益では無水グレードセグメントが最大シェアを占めました。

金属酸洗は2021年に最も成長した用途セグメントとして浮上しており、鉄鋼生産の高い成長により、2022年から2030年まで安定したCAGRを記録すると思われます。

フルオロカーボンは、中国、インド、米国、ドイツなど様々な国の生産量増加により、2021年に最大用途セグメントとして浮上しました。さらに、空調・冷凍システムの需要の高まりが、同セグメントを牽引しています。

アジア太平洋地域は、豊富な原材料と多数の大規模メーカーの存在により、2022年から2030年の間、最も速いCAGRを記録すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]