ワックスの市場規模、2030年に142億米ドル到達予想

ワックスの市場規模は、2020年から2030年にかけて、CAGR4.3%で成長し、2030年には142億米ドルに達すると予想されています。これは、プラスチック産業における性能添加物として、水性および溶剤性離型剤としてのワックスの利用が増加していることが主な要因となっています。ワックスは、さまざまな産業で幅広く利用されており、世界的に非常に重要な材料の一つとなっています。自動車産業における車の研磨や、脱毛、包装用途、および食品産業では添加物として使用されています。

さらに、塗料やコーティング産業、印刷インク用途でも使用されています。キャンドル、ゴム・プラスチック加工、化粧品・トイレタリー、薪、建築用ボードなど、さまざまな用途での需要増加が、今後数年間の成長を促進する可能性があります。耐紫外線性、アンチケーキング、優れた断熱性など、その特性による高い需要は、市場を拡大させると思われます。2020年は、厳しいCOVID-19の制限により、市場の減少傾向が見受けられました。その後、2020年後半に産業界の活動が回復し、需要が緩やかに改善されました。さらに、2020年最終四半期の祝祭シーズンは、キャンドル、化粧品、包装を含む産業からの需要が改善しました。

ワックス市場のハイライト

合成ワックス分野は、ローション、シャンプー、ファンデーション、口紅、その他のパーソナルケア製品に渡る用途の増加により、2022年から2030年の間、最高のCAGR 4.5%を占めました。

化粧品およびトイレタリー製品分野では、クリームや保湿剤への配合が増加していることから、2022年から2030年の間、CAGR4.8%と最も高い数値を示しています。さらに、生活水準の向上と新製品の開発が需要を促進しています。

アジア太平洋地域は、2022年から2030年の間、最も高いCAGR 4.7%を記録しました。これは、中国やインドなどの経済圏で建設活動が活発化していることに起因しています。また、韓国と日本における技術開発が、接着剤の成長に拍車をかけています。

市場のバリューチェーンは、原材料メーカー、製品メーカー、流通チャネル、アプリケーション産業で構成されています。ワックスの製造には、潤滑油、ベースオイル、ビーミルクなどの主要原料を調達する必要があり、製品価格は、これらの原料の入手可能性に大きく影響されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]