金属スタンピングの市場規模、2030年に3,106億9,000万米ドル到達予測

金属スタンピングの市場規模は、2022年からCAGR4.7%で成長し、2030年には3,106億9,000万米ドルに達すると予測されています。自動車生産台数の増加は、車体パネル、トランスミッション部品、内外装構造部品の製造に使用される金属プレスの需要を促進しています。自動車の購買客は、環境汚染に対する懸念から自動車の軽量化に重点を置いています。LMCオートモーティブによると、米国の小型商用車の販売台数は、2020年に1,450万台に達し、2022年には1,580万台に達すると予想されています。軽量化車両の需要の高まりは、自動車部品メーカーの生産能力を増強と、新製品開発への取り組みを促進しています。

今後数年間は市場の成長が加速すると予想されます。社内に部品製造設備を持つ主要自動車メーカーは、自動車需要に対応するため生産能力を拡大しています。また、通信業界では、5G技術への投資拡大により、スタンプ製品への有利な需要が見込まれます。例えば、2020年11月、FAIST Precision Suzhouは、FRECH GDK3200Tと呼ばれるダイカストマシンの設置を発表し、5Gプロジェクトの大量生産に使用する予定です。アジア太平洋地域では、家電製品の需要が増加しており、ヘッドホンに使用される金属フレームの製造など、金属プレスの需要を押し上げています。

ヘッドフォン需要を支える要因として、音楽産業の急成長に伴うオーディオ体験に対する消費者の嗜好の変化、およびVR技術の進歩が挙げられます。このことは、今後数年間、市場の成長を促進するものと思われます。市場には、Alcoa Corp.、Lindy Manufacturing Co.、Tool & Manufacturing Company、D&H Industriesなど、ローカルプレーヤーだけでなくグローバルプレーヤーも存在し、競争が激しくなっています。これらの企業は、顧客からの製品需要の増加に対応するため、長期契約、生産能力の拡大、M&Aに注力しています。例えば、2021年10月、Shiloh IndustriesはBentelerから自動車事業向けの2つのスタンピング工場の買収を完了しました。これらの工場は、シャーシ製造のための最新の精密レーザー切断と熱間成形鋼のスタンピング製品を備えています。

メタルスタンピング市場のハイライト

ブランキングセグメントは、その精密で優れたスタンピング能力により、自動車産業からの需要が増加しており、高いCAGRで成長すると予想されます。

2021年には、ベンディングセグメントが最大収益シェアを占めました。このプロセスを使用して製造された製品は、安定性と耐久性を確保するため、自動車部品に使用されています。

コンシューマーエレクトロニクスは、最速で成長すると思われます。これは、電子機器の耐久性を向上させるために、軽量金属部品の利用が増加していることによります。

生産効率を向上させるための機械化や自動化により、2021年は産業機械セグメントが大きな収益シェアを占めています。

北米は、自動車や家電の生産が増加しており、今後も世界市場を支配し続けると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]