米国のラボラトリーインフォマティクスの市場規模、2030年に16億2,000万米ドル到達予測

米国のラボラトリーインフォマティクスの市場規模は、2022年からCAGR3.5%で成長し、2030年には16億2,000万米ドルに達すると予測されています。研究室で生成されるデータ量の増加により、その自動化と情報管理に対する需要が高まっており、同市場の成長を支えています。COVID-19パンデミックの管理は、世界各国における課題となっています。臨床検査室は、膨大なCOVID-19検査サンプルの管理に苦労しており、正確な検査結果を提供する能力に影響が及んでいます。

臨床検査情報管理システム(LIMS)など、自動化ソリューションの導入により、大量サンプルの効率的な検査が進み、臨床検査室に対するストレスが軽減されると思われます。検査室は、医療業界の研究・製造企業にとって重要な存在です。検査室で生成されるデータは大量で、手作業で取得、収集、保存、分析することは不可能です。このため、ライフサイエンス分野のような規制環境では、データ管理プロセスや従来の文書化要件に対応しきれない障害が発生しています。

多くの研究所では、手動と自動を組み合わせて情報を管理し、独立した非統合型のデータ処理システムを使い、情報を処理しています。孤立したシステムを使用すると、情報管理システム間でのタイムリーなデータ転送が妨げられ、予期せぬ遅延や追加コストにつながります。さらに、手作業による転送はエラーやロスの可能性を高め、QAコントロールの追加や手作業による転写ステップの多発を招き、効率の低下とスループット時間の長期化を招きます。生データから再利用可能な知識へのシームレスな情報の流れは、インフォマティクスシステムの組み合わせによって管理されています。

研究室では、これらのインフォマティクスシステムの配置は、探索、開発、製造などの環境や、生物学などの科学的領域に大きく依存します。創薬におけるインフォマティクスシステムの用途は、臨床や製造の領域での使用方法とは異なります。ラボラトリーインフォマティクスは、ペーパーレス情報管理、規制遵守、情報品質、人件費などの効率化に重点を置いています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]