小線源治療計画システムの市場規模、2030年に15億米ドル到達予測

小線源治療計画システムの市場規模は、2022からCAGR9.3%で成長し、2030年には15億米ドルに達すると予測されています。世界的ながん罹患率とがん関連死亡率は急速に上昇し、革新的ながん治療ソリューションの需要を後押ししています。Globocanの推計によると、2020年には世界中で1,930万件の新たながん患者が発見されています。最も多く診断されるがん症例は、乳がん、前立腺がん、肺がん、大腸がんなどです。WHOによると、がんは6人に1人の命を奪う主要な死因となっています。

癌の有病率が劇的に増加していることから、精密で正確な治療結果をもたらす革新的な癌治療への需要が高まっています。癌治療業界では、癌治療体制を大きく変えるだろう主要企業による技術革新と投資が急増しています。医療インフラの絶え間ない進化、医療IT支出の増加、新興国での成長機会が、市場の成長を後押ししています。世界中のさまざまな政府機関や団体が、製品開発戦略を後押しするために官民のパートナーシップを推進しています。

癌の有病率の増加とともに、より良い小線源治療計画のための技術を持つ放射線治療センターの需要が高まっています。放射線治療センターの利用可能性、施設の設立のための官民パートナーシップ、および放射線治療センターと主要プレイヤーの戦略的協力に向けて、小線源治療計画と患者ケアマネジメントの採用が増加しています。

小線源治療計画システム市場のハイライト

2021年に、その利点により、自動輪郭描画ソフトウェアセグメントが市場を支配しました。

2021年は、治療の精度を向上させるインルームイメージング分野が、治療の不確実性を低減し市場を独占しました。

高いがん罹患率、有利な償還制度と高度な医療インフラの存在により、2021年は北米が最大地域となりました。

市場参加者は、スクリーニングと診断、シミュレーション、治療計画、ケアマネジメントを改善するために、人工知能(AI)および機械学習(ML)アルゴリズムを製品に統合しています。

AIおよびMLの統合により、腫瘍治療の臨床的意思決定支援、データマイニング、診断、画像診断の分野が大幅に改善されました。これらのアルゴリズムは、画像のセグメンテーションや臨床的に重要な部位の検出に使用することができます

Renal & Urology Newsによると、2020年2月、がん医療に統合されたAIアルゴリズムは、前立腺がんの男性に対する小線源効果に好影響を与えました。

がん関連データの膨大な積み重ね&蓄積、タイムリーな診断ニーズの高まり、テーラーメイドのがん治療計画への高いニーズが、AIおよびMLのがん治療への導入を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]