顔面インプラントの市場規模、2030年に46億米ドル到達予想

顔面インプラントの市場規模は、2022年からCAGR8.2%で成長し、2030年には46億米ドルに達すると予想されています。顔面損傷の発生率の増加、非外科的顔面若返り手術の需要、顔面再建のための技術的に高度な3Dプリントインプラントの導入などが、今後の顔面インプラント市場を牽引すると考えられます。

また、審美的な手術に関する意識を高めるための上昇イニシアチブは、近い将来に業界の成長を促進することが期待されています。例えば、米国整形外科学会(ASPS)は、美容に関連する意識レベルの向上に向けたサポート、教育、および改善された患者のケアと仕事を提唱しています。

また、定期的に医学会議を開催し、美容外科分野の最新技術について外科医を教育しています。さらに、高齢者人口の増加や美容整形手術の普及も、市場成長に寄与する要因のひとつです。

顔面インプラント市場のハイライト

顔面インプラント市場の成長は、低侵襲手術に対する需要の高まりや対象疾患の流行などの要因によるものです。

腫れぼったいまぶたの治療、過剰な脂肪の削減、視力矯正のための眼瞼形成術の需要増加により、眼瞼手術市場が支配的に推移しています。

製品別に、2014年は、あごと下顎のインプラントが、あごの再建術の増加により、25.0%超のシェアを獲得し、市場を支配しています。

顔面再建手術に関連する低侵襲手術の需要が高まっているため、インジェクタブルが高い成長を遂げると予想されます。

北米は、2014年に9億米ドル超で評価され、顔面インプラントの最大市場となりました。同地域の市場の成長は、美容的処置への支出の増加、顔面若返り手術に関連する意識レベルの上昇、洗練された医療インフラの存在などの要因に起因しています。

アジア太平洋地域は、医療インフラの継続的な改善と非外科的美容処置の需要により、7.0%を超える有利な成長を記録すると思われます。同地域は、手続き費用の低下と医療観光の増加も成長を後押しすると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]