N95マスクの市場規模、2030年に57億米ドル到達予想

N95マスクの市場規模は、2022年からCAGR9.2%で成長し、2030年に57億米ドルに達すると予想されています。同市場は主に、現在進行中のCOVID-19の大流行、公共の場でのマスク着用に対する規制の強化、職場での呼吸保護に関する意識の高まりによって牽引されています。N95マスクは、患者と医療従事者の両方を生物学的病原体の曝露から守ることが出来るため、医療従事者が中心となり採用しています。また、耐液性、通気性、ろ過効率に優れている点で、医療分野での需要が高い製品です。

クラスII機器である外科用N95呼吸器は、米国ではCDCが42 CFR Part 84で、FDAが21 CFR 878.4040で規制しています。一方、欧州連合では、本製品と同等のFFP2マスクが、欧州規格EN149:2001で粒子から保護するフィルタリングハーフマスクとして規制を行っています。建設、石油・ガス、鉱業、製造業など様々な産業において、汚染物質や有害粒子状物質から身を守るための効率的な呼吸保護具に対する需要の高まりが、市場成長の原動力となっています。さらに、先進国での厳しい労働安全法が需要を押し上げています。

N95マスクは、アレルギーや呼吸器疾患の原因となる小さな粒子や粉塵から呼吸器を保護するために、建設部門で広く使用されています。建設業界は、インフラ建設活動を増加させた政府による財政刺激策により、力強い回復を見せており、N95マスクの需要を生み出しています。パンデミックは、COVID-19対策用のマスクを政府が直接調達することで、関連企業が安定した収入を得る機会を提供しました。さらに、政府は、戦略的な在庫開発、危機時の迅速な組立ラインの変換のための上流協定、国際貿易など、費用対効果の高い取り組みを採用しています。

N95マスク市場のハイライト

2021年は、呼気弁なしのセグメントが、吸気および呼気時の効果的な保護と、世界保健機関および疾病対策予防センターによる促進により、79.0%の収益シェアを占めています。

インターネットや電子商取引プラットフォームの急速な普及と、メーカーによるオンライン流通チャネルを利用した製品提供により、オンライン流通チャネルの普及は2022年から2030年にかけてCAGR11.4%を記録すると予想されます。

アジア太平洋地域は、N95マスクを含む呼吸保護具を広く使用する製薬、鉱業、製造業、建設業の急成長により、2021年には市場を支配し、28.8%の収益シェアを占めました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]