整形外科用再生外科製品の市場規模、2030年に56億米ドル到達予想

整形外科用再生外科製品の市場規模は、2022年からCAGR3.9%で成長し、2030年には56億米ドルに達すると予想されています。市場成長の主な要因は、高齢者人口の増加、整形外科手術、研究活動、技術的進歩などが挙げられます。例えば、変形性関節症は、70歳以上の老年人口における慢性障害の主要な原因であると認識されています。また、世界保健機関(WHO)は、変形性関節症を優先疾患に指定し、治療法の研究開発を推進しています。

COVID-19の流行時には、選択的手術の延期、診療所や病院における慢性疾患の患者数の減少、営業・マーケティング活動の減少、検疫・監禁プロトコル、需要の減少などにより、市場の成長が抑制されました。例えば、Vericel社は、2020年にCOVID-19が同社の事業と業務に悪影響を及ぼしたことや、膝の軟骨損傷の修復に使用される主要製品であるMACI手術の予定が延期されたことを報告しています。また、新規受注が減速している。Anika Therapeuticsは、パンデミックの影響により臨床試験への患者登録が困難となり、売上および営業損益にマイナスの影響を受けています。しかし、両社とも、選択的手術数がCOVID以前のレベルに戻るにつれ、業績も回復すると期待しています。

米国疾病対策予防センター(CDC)は、2040年には米国成人の約26%(7,800万人)が関節炎に苦しむと予測しています。有病率は年齢とともに増加し、女性に多いことが分かっています。また、肥満は整形外科疾患の危険因子として認識されています。米国における肥満の有病率は、CDCにより2017年から2018年にかけて42.4%と推定されています。整形外科疾患の有病率、肥満、老年人口の増加は、同市場の成長を促進すると予想されます。整形外科再生外科製品は、関節痛、痛風、関節欠損、線維筋痛症、変形性関節症から外傷、関節置換まで、重症度の異なるさまざまな症状で用途が見られるため、市場成長に貢献すると期待されています。

また、市場関係者は、整形外科疾患の治療や疼痛緩和のための新しい再生ソリューションの研究開発活動にも取り組んでいます。例えば、Amniox Medical, Inc.は、2021年3月に、凍結保存した羊膜と臍帯からなる同社の治験薬(IND)TTAX03を用いて、椎間関節変形性関節症の痛みを治療するための投与試験を進める許可をFDAから得ています。一方、Zimmer Biometは、プリマジェンアドバンストアログラフト、インターグロDBM、プラットフォーム生体吸収性骨移植代替物など、同種移植片や合成整形外科再生製品の広範なポートフォリオを提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]