IoTマイクロコントローラの市場規模、2030年に129億4,000万米ドル到達予測

IoTマイクロコントローラの市場規模は、2022年からCAGR12.7%で成長し、2030年には129億4,000万米ドルに達すると予測されています。モバイルアプリケーションと統合されたスマートホームデバイスの採用の増加や、低消費電力マイクロコントローラ(MCU)の進化が、市場成長の原動力になると予測されます。また、製造業、ヘルスケア、エネルギー・電力など多岐にわたる企業向けIoT接続数の急増も、今後の市場成長を促進することが予測されます。

Zigbee、Bluetooth、KNX技術などの短距離無線接続の進歩も、欧州と北米中心に、今後数年間のIoT導入を促進すると予測されます。ビッグデータ解析、人工知能(AI)、産業用IoTなどの技術の躍進は、IoT接続デバイスの採用をさらに推進すると思われます。Hypervolt、HIXAA、SmartRent、およびその他の中小企業など、IoTベースのプロジェクトに貢献する新興企業による投資が増加し、高性能・低消費電力のIoT MCU市場のニーズが発生する可能性が期待されます。

RENESAS Electric Corporation、NXP Semiconductors、STMicroelectronicsなどの主要なIoT MCUメーカーは、高性能MCUの技術革新を進めています。例えば、2022年にRENESAS Electric Corporation社は、32ビットRAファミリーのマイクロコントローラ(MCU)を発売しました。この製品は、Arm Cortex-M23コアをベースにしており、産業オートメーション、医療機器、インテリジェント家電、ウェアラブルなどのIoTエンドポイントアプリケーション向けに明示的に開発された消費者向けMCUを提供しています。

COVID-19の発生は、2020年のIoT MCU市場にポジティブな影響を与えました。政府による規制や自宅待機の義務化により、フィットネストラッカーや健康ベースのウェアラブルなどのスマートウェアラブル、およびその他家電用IoTデバイスの需要が増加しました。2021年の市場は、家電用IoTデバイスの需要が急増したのに対し、生産台数が一時的に停止したため、MCUが不足し、需給のバランスが崩れました。これらを踏まえ、デバイスメーカーは2022年にコネクテッドプロダクトの価格を引き上げており、この状況は2023年まで続くと考えられます。

IoTマイクロコントローラ市場のハイライト

2021年の市場は、32ビットが40%以上のシェアを獲得し、2022年から2030年の間CAGR 13%超を記録すると思われます。スマートユーティリティや産業用ロボットの採用が増加し、今後の市場成長を牽引すると予想されます。

2030年までに、ウェアラブルセグメントは7億米ドルを超え、CAGR13%を記録すると思われます。これは、個人の健康やフィットネスに対する意識が高まり、ウェアラブル技術の導入に大きく貢献し、市場の成長を支えていることに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]