米国の獣医用腫瘍学の市場規模、2022年から2030年にかけてCAGR8.7%で成長予測

米国の獣医用腫瘍学の市場規模は、2021年に8,166万米ドルとなり、2022年から2030年にかけてCAGR8.7%で成長すると予測されています。市場成長の主な要因は、がん症例の増加、ペットオーナーの増加、がん治療薬ごとの技術進歩、獣医腫瘍学に関連する臨床試験の進行などが挙げられます。さらに、飼い主がペットの健康にお金をかける傾向があることも、ペット用がん治療薬の需要を促進する大きな要因となっています。COVID-19パンデミックは、飼い主とペットの関係を変え、同分野におけるビジネスや経済を急速に変化させるきっかけとなりました。

各国政府がパンデミックの際に自宅待機を呼びかけたため、多くの人々がペットを介して心の安らぎや交友関係を得ることができました。COVID-19の流行により、ペットへの支出が増加しています。国内のアニマルシェルターでは、2020年の養子縁組率は、前年度比40%上昇しました。がんに罹患したペットに最良の治療を提供するため、獣医腫瘍学の研究開発が進んでおり、同市場の牽引要因となっています。組織によるペットのがん治療薬に関連する投資の増加は、市場の成長を促進すると予想されます。企業は、動物用がん治療薬の製品パイプラインを強化するために、ライセンス供与、研究開発協、事業開発などの戦略に取り組んでいます。

例えば、2020年にBoehringer Ingelheimは、研究開発活動に4億1,200万米ドルを費やしています。さらに、この分野で進行中の臨床試験が市場の成長を支えています。2020年3月、イリノイ大学キャンサー・ケア・クリニックと比較腫瘍学研究室は、犬のがんに対する2つの臨床試験を公表しました。その他の支持療法薬はまだ開発中であり、今後数年間で有利な機会を提供することが期待されています。獣医学は近年飛躍的に発展しており、技術の進歩により、人間と同じようにペットにも医療を提供できるようになりました。

コンパニオンアニマルに治療を提供するための、獣医学分野における技術の進展が、市場成長の原動力となっています。さらに、国内に大手企業が存在することも市場の成長に貢献しています。国内の参加者は、競争上の優位性を得るために、製品の拡大戦略に積極的に取り組んでいます。例えば、CureLab Oncologyは2021年1月、同社の特許を世界中のイヌ、ネコ、ウマの治療に使用する独占権を持つ子会社、CureLab Veterinaryを創設しました。この子会社の特許取得済みDNA治療薬の最初のターゲット市場はイヌとネコです。また、同社は米国内に7つの研究開発拠点を有しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]