ウェルスマネジメントソフトウェアの市場規模、2022年から2030年にかけてCAGR13.9%で成長予測

ウェルスマネジメントソフトウェアの市場規模は、2021年に37億6,000万米ドルとなり、2022年から2030年にかけてCAGR13.9%で成長することが予測されています。同市場の成長は、ウェルスマネジメントアドバイザリーにおける最新技術の導入が進んでいることに起因しています。金融テクノロジーの進歩、同時に、金融サービスの自動化と改善へのアプローチが追求されていることが、今後の市場成長に寄与すると考えられます。ウェルスマネジメントへの金融技術の進展は、市場成長にも良い兆候となっています。

ウェルスマネジメントプロセスの自動化に対するニーズの高まりが、市場成長を促進すると予想されます。資産管理プラットフォームは、ワークフローの自動化や資産管理を検討しているユーザーにとって、費用対効果の高い選択肢となります。これらのプラットフォームは、オープンアーキテクチャに加えて、オムニバスアクセスを提供し、ウェルスマネジメントプロセス全体のデジタル化に役立ち、資産管理アプリケーションに簡単に統合することができます。ウェルスマネージャーは、富裕層の顧客が、投資の多様化、個人的な目標の達成、経済的な安全性の維持、そして財産の保護に積極的に取り組んでいることに気付いています。

一方、投資に関する十分な知識がないために、これらの富裕層の顧客が経済的な目標を完全に達成することはできません。そのため、ウェルスマネージャーは、ウェルスマネジメントソリューションを利用して、顧客に合わせた総合的な投資サービスを提供するようになりました。これが、ウェルスマネジメントソフトウェアの導入を促進する主な要因の一つとなっています。富裕層の間では、デジタル投資管理ソリューションへの関心が高まっています。富裕層は、ウェルスマネージャーが自分の資産を管理する方法について、より高い管理と透明性を求めています。このような状況において、ウェルスマネジメントソフトウェアは、富裕層が自身の資産の管理において望むレベルの管理と透明性を保証することができます。

また、ウェルスマネジメントソリューションは、様々な分析ツールを用いて、富裕層がより効果的に富裕層管理計画を戦略化することを支援します。革新的なアドバイザーテクノロジーの採用が大きく進んでおり、機械学習(ML)や人工知能(AI)を中心とした機能は、ファイナンシャルアドバイザーが大量のデータを解釈および分析し、顧客のためにより良い投資戦略を立案する際に役立っています。しかし、従来の資産運用プロセスへの依存が続いていることが、市場の成長を阻んでいます。その他、ウェルスマネジメントプラットフォームに関する認知度の低さや、企業の専門家の技術的専門知識の不足など、さまざまな要因が市場の成長を抑制すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]