獣医用ソフトウェアの市場規模、2022年から2030年にかけてCAGR9.0%で成長予測

獣医用ソフトウェアの市場規模は、2021年には4億9,400万米ドルとなり、2022年から2030年にかけてCAGR9.0%で成長すると予測されています。獣医師からの診療管理システム(PMS)に対する需要の増加が、市場拡大の要因となっています。また、ソフトウェアソリューションのメリットに関する認識の高まりや、飼い主が臨床現場を訪れる機会が増えていることが、今後数年間で動物病院におけるソフトウェアソリューションの導入を後押しすると予想されます。動物医療業界は、コンパニオンペットの所有者の増加とペットの健康に対する関心に影響を受けています。また、家畜生産の効率化と安全性への関心の高まりも、市場成長の原動力となっています。

PMSシステムの開発者は、スケジュールや記録を含む獣医師のオフィス管理のための完全なソリューションを提供しています。米国獣医師会の発表によると、北米では約6万8,000人、英国では約2万2,000人の獣医師が個人で開業しており、今後さらに増加することが予想されます。診療所や検査室での業務を管理するためのソリューションの需要が高まっています。

COVID-19の発生は、市場の成長に大きな影響を与えると考えられます。ほとんどの地域では、獣医療サービスは必要不可欠なサービスと考えられており、封鎖された状態でも機能を維持していました。このことは、動物病院での収益の継続に大きく貢献し、ひいてはこの市場の成長につながっています。COVID-19パンデミックでは、世界各地で監禁や社会的距離を置く措置がとられ、患者の日常生活に大きな変化がもたらされました。また、パンデミック時に多くの人々が孤独感や精神的な不安定さを経験しており、コンパニオンアニマルを所有する人が急増しました。

例えば、日本ペットフード協会の調査によると、2020年の犬・猫の飼育数は前年比15%増となっています。2020年10月現在、日本でペットとして飼われている犬は849万頭、猫は964万頭と推定されています。パンデミック状況下におけるバーチャルペットケアの訪問需要は増加しており、その結果、動物病院向けソフトウェアソリューションの採用率が高くなりました。長年にわたり、ペットを飼う人の数は大幅に増加しており、この傾向は今後も続くものと予想されています。米国ペット用品協会によると、ペットの飼い主の約33%が犬を、27%が猫を飼っており、2021年には、何らかのペットを飼っている人は、全体の約59%と推定されています。ペットの所有者が増えることで、獣医用ソフトウェア市場の成長が加速しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]