ラボインフォマティクスの市場規模、2022年から2030年にかけてCAGR4.9%で成長予測

ラボインフォマティクスの市場規模は、2021年に32億1,000万米ドルとなり、2022年から2030年にかけてCAGR4.9%で成長すると予測されています。ラボラトリーオートメーションに対する需要の増加が、今後数年間の導入を促進すると予想されます。過去数十年の間に、分子ゲノミクスや遺伝子検査の技術進歩に伴い、検査室で生成されるデータは劇的に増加しています。さらに、個別化医療への移行、がんゲノム研究、患者参加型医療へのニーズの高まりなどにより、ラボオートメーションシステムの需要が増加すると予想されます。

ソフトウェアソリューションはよりユーザーフレンドリーになり、ラボインフォマティクス分野ではスタートアップ企業が増加しています。データのクラウド化が進み、ラボインフォマティクスのソフトウェアも、クラウドが当たり前になりつつあります。インフォマティクスのプロバイダーは、今やクラウドやSaaSの戦略が必須となりつつあります。また、クラウド、モバイル、音声技術を導入する研究所の数も年々増加しており、ラボオートメーションソリューションの需要を押し上げています。

COVID-19の発生により、ヘルスケア分野に注目が集まっています。このパンデミックでは、重要な医療用品が不足し、市場全体に深刻な影響を与えています。世界中の検査室のほぼ半分が閉鎖され、完全に機能していた検査室は14%と推定されます。その後、自宅待機命令、社会的距離を置く規範、移動制限、サプライチェーンの混乱などの政府の措置により、物流上の問題が生じ、世界的に製品のオンプレミスデリバリーが不足する事態となりました。

一方、COVID-19検査に対する需要が世界的に高まっていることから、臨床検査機関は事業規模を拡大し、検査結果の迅速かつ信頼性の高い報告に加えて、大量の患者検体や検査データを管理するための新しい検査方法の開発、標準化、検証という新たな課題に直面しています。臨床検査室におけるCOVID-19検査の高い需要を促進するためには、LIMS(検査室情報管理システム)が重要な役割を果たしており、製品採用につながっています。

さらに、バイオバンク、学術研究機関、CRO(Contract Research Organization:医薬品開発業務受託機関)では、ラボラトリーインフォメーションシステムが、その利点から人気を集めています。これらのシステムを使用することで、プロセスの最適化、規制遵守の改善、知的財産権の保護、スループット時間の短縮などのメリットが得られます。ペーパーレスの情報管理は、人件費を削減し、エラーの排除や迅速で効果的なデータ分析によるデータ品質の向上をもたらします。

ラボは、ライフサイエンスや医療研究業界の製造業と研究機関の両方にとって重要です。ラボの主な目的は、業界の規制ガイドラインに準拠した高品質で信頼性の高い実験データの生成を確実に行うことです。技術の進歩に加え、厳格な規制の必要性や商業的な圧力の増加により、研究開発、品質保証、製造など、様々な側面から膨大な量のデータが急速に生成されるようになりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]